講義情報

アメーバワークスタイル

アメーバワークスタイル

こどもからのインスピレーションで仕事をつくる

自由に働く学部-circle自由に働く学部
アメーバワークスタイル

講義について

時代の変化に合わせた変幻自在で自由な働き方を創っていこう

ひとつの仕事や働き方に縛られず、仕事の内容に合わせて有機的にカタチを変え、仲間と繋がり、増殖を続けながら、変幻自在に働くアメーバワークスタイル。この講義では、いろいろなゲストと共に、個人の存在感が仕事を生み出し、新しい価値を創っていくとはどういうことか?を一緒に考えていきます。同時にいくつもの仕事をする、時期によって複数の仕事をもつ。スモールビジネスをはじめることと、複数の仕事をもつ2足のわらじ的働き方は、世界的な流れでもあるようです。

ameba01

今回のテーマは「こどもからのインスピレーションで仕事をつくる」

「どう働くか?」それは「どう暮らしたいか?」の一部でもあるし、「自分はどう生きていきたいのか?」という人生の価値観と直結しています。ライフスタイルの変化によって働き方を変える人は多く、これまでも講義で取り上げたりしてきました。2歳の娘がいるキュレーターの和泉里佳も、こどもが生まれて、暮らしも働き方もぐっと変わった、そんな一人です。産後、自分自身の必要性からあかちゃんと一緒に参加できるクラスを開講したり、自由大学周りの起業をサポートする事業をやったりもしてきました。そして今探求したいのは、自由の天才こどもから受けるたくさんの刺激やアイデア・インスピレーションから仕事をつくっていくということ。こどもにまつわる新しい事業はどんどん増えているし、一見全く関係のない業界でもこどもからのインスピレーションが新しい可能性を生むこともあるかもしれません。

ameba03

それぞれの業界や分野のスペシャリストが広い視野をもって領域横断的に活躍する時代は、これまで培ってきた経験やスキルを持って、異なる価値観を知り受け入れることが、チカラとなり個性となります。成功とは何かという概念も、単に経済的に豊かになるだけではないでしょう。雇われ人根性ではなく、クリエイティブな学びモードで仕事をもっと楽しむために、自分らしいワークスタイルをつくっていきましょう。この講義をきっかけに、ないなら創ろうのDIY精神で一緒にチャレンジしていこうという人のコミュニティも育ってきています。

(第9期募集開始日:2016年5月30日)

こんな方が対象です

・専門性を生かし、さらに領域横断的に活躍していきたい人

・これまでに培ったスキルをもっと社会に役立てていきたい人

・異なる価値観をも楽しみながら、自由な働き方を創ってきたい人

卒業者の声

・現在の仕事やワークスタイルに疑問を持っていたため受講を決めました。様々なタイプのゲストにお話が聞けて、各回違った視点で考えられ新鮮で、知り得なかった価値観や仕事観に触れることができました。また、自分自身を振り返る課題があることで、より深く考えることができたと思います。

 

・仕事・暮らし・遊びがまざりあう働き方そのものが、自分の追い求めていたところだったので、すっきりしました。ちょっと意識を変えたら、すべての時間が自分の核に返ってきて、仕事にもつながっていくことに気がつきました。心のうちも隠さず、堂々と自分の迷いも覚悟も話せる人たちと出会えたのもとてもプラスでした。

 

・講義の中でそれぞれの役割を担うことが、個性を生かして仕事を創っていくことの実践として繋がっていました。ここで出会ったメンバーの様々な個性を組み合わせた新しい仕事のユニットも誕生し、これからの動きも楽しみです。


講義計画

第1回

仕事・暮らし・学び・遊びを自由に考える

そもそも仕事とは何か?また自分で仕事を創っていくとはどういうことか?良い遊びは仕事に良いインスピレーションを与えますが、初回は自分らしく働き生きるための仕事と暮らし、そして遊びや学びとも照らし合わせながら、本来の仕事の在り方や理想的な働き方について考えていきます。

第2回

こどもと思いっきり遊ぶという仕事

「遊び」を本気探求して仕事にしている人がいます。泥だらけになりながら思いっきり楽しむことや、親子で遊びをつくること、その時にしかできない体験を大事にすること。懐かしいようで新しい体験、そんなことを事業にするリアルを聞きながら、面白い仕事づくりについて考えていきましょう。

第3回

オーガニックで未来のスタンダードをつくるという仕事

この業界ではこう決まっている、これはこういうものだ、果たして本当にそうなのでしょうか?常識や慣習・思い込みの枠を外すこと、そして大きな時代の流れを視野に入れていくことも必要かもしれません。ここでは、こどもからのインスピレーションを原点に、いろいろな仕事の世界に広げていくことを考えます。

 

 

第4回

産前産後の家族と地域をつなげる仕事

出産は人間にとってかなり大きなインパクトのあるイベント。仕事や社会と少しの間離れて過ごす産後は、身体の変化と共に思考や価値観の転換が起こったりもする特殊な時期。そこにフォーカスして仕事をつくっている人も増えています。地域のコミュニティや居心地の良い場づくりについても考えてみましょう。この回は、ゲストの活動拠点である世田谷の一軒家にフィールドワークします。空き家活用や地域行政との関わりについてもヒントがありそうです。

 

第5回

自由な働き方をつくる

これから自分はどう働いていくのか、どう自分の仕事を創っていくのか、自分らしいこれからの働き方の指針を自由につくり、どんな状況になっても生きていけるサバイバルプランを考え、シェアします。集まった受講メンバーの顔ぶれや、ここまでの講義の流れから、スペシャルゲストを呼ぶかもしれません。

これまでのゲスト
それぞれのゲストの詳しいお話は講義レポートにアップされています。

和泉里佳

キュレーター

和泉里佳

☞ プロフィールを見る

塚越暁

原っぱ大学ガクチョー/HARAPPA株式会社 代表取締役

塚越暁

☞ プロフィールを見る

荻野みどり

ブラウンシュガーファースト代表取締役

荻野みどり

☞ プロフィールを見る

石山恭子

NPO法人 子育て支援グループamigo理事長

石山恭子

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
アメーバワークスタイル
日程

第1回:7月 2日(土)10:30-12:00

第2回:7月 2日(土)13:00-14:30

第3回:7月 9日(土)10:30-12:00

第4回:7月16日(土)10:30-12:00

第5回:7月23日(土)10:30-12:00

定員
15名
申込締切日
6月28日(火)
授業料
36,000円
キャンパス

表参道 COMMUNE 246キャンパス、第4回は世田谷にフィールドワーク

現在申し込みを受付けておりません

次回開講日程を問い合わせる