よくある質問


見学/資料請求について

Q. 事前に見学はできますか?

講義の一般見学はできませんが、教室の雰囲気を見ていただくことは可能です。メインキャンパスのCOMMUNE2nd自体は、どなたでも自由に見学できます。自由大学事棟でスタッフが仕事をしている場合がありますが、スタッフが全員留守の場合もあります。運が良ければスタッフが案内してくれるかもしれません。受講前に自由大学の雰囲気を知りたい方は「First Wednesday」に参加することをおすすめします。

Q. 資料はもらえますか?

最新の情報は、全てウェブ上に公開しています。隔週で発行しているメールマガジンに登録すると、毎回書き下ろしのコラムと共にいろいろな情報が届きます。TwitterFacebookInstagramでも情報を発信しているので、是非フォローしてください。


講義への申し込みについて

Q. 申し込みをしたのに、受講料納入についてのメールが届きません

受講料納入メールが届かない場合は2つ考えられます。
1)登録したメールアドレスが間違えている
2)迷惑メールフォルダに入っているか、@freedom-univ.comからのメールが受信できるように設定されていない

それでもメールが届かない場合は、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。

Q. 講義は必ず開講されますか?

開講1週間前までに一定の人数に満たない場合、残念ながら中止または延期となります。せっかく予定を立ててくださったのに、申し訳ございません。中止の場合は、1週間前にメールにてご連絡いたします。

Q. 自由大学がはじめてで申込をするのにドキドキしています。初心者でも大丈夫ですか?

「これを学びたい!」と思ったときが入学の時。年齢、性別に制限はなく、入学資格もありません。インスピレーションを大切に、勢いで申込するのをオススメします。未知の世界に飛び込むには、ちょっとした勇気が必要ですが、あなたの好奇心が後押ししてくれるでしょう。

Q. 1回だけの受講や途中回からの参加は可能ですか

いいえ。自由大学では、全5回を通してひとつのテーマを学んでいくようにカリキュラムを創っています。顔の見える双方向型のクラスは参加メンバーも講義をつくる大切な要素ですので、1回だけの受講や途中回からの参加は原則お断りしております。

Q. 不正アクセスのエラーが出てしまい、フォームからうまく申し込みができません

希望講義名とお名前・メールアドレス・電話番号・住所・お仕事や今熱中していることをメール(info@freedom-univ.com)でお送りください。
その際、端末やOS・使っているブラウザなど、使っている環境の情報も一緒に教えてもらえるとうれしいです。

または、お手数ですがもう一度「講義ページ」へ戻り再度フォームへ記入して下さい。「お申込フォーム」は講義ページの情報を引き継いでいます。

入力時に更新ボタンを押したり、cookikeの情報が残っている場合も「不正アクセス」の表示が出る場合があります。


受講料について

Q. 支払いはどうすればいいですか

講義に申込みをすると、振込口座などの情報が自動返信メールで届きます。期日までに銀行振込のお手続きをお願いいたします。

申し込みの講義が開講されなかった場合のみ、返金のご案内をします。なお、当日会場でのお支払いは受け付けておりません。

Q. 振込期日に受講料の振込が間に合いません

振込確認をもって「入学手続き完了」となります。 期日までにお振込みがない場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。事情によりお振込みが遅れる場合はご連絡くださるとうれしいです。

Q. 会社からの支払いはできますか

はい。受講料のお支払いは原則申し込みから1週間以内の銀行振込ですが、講義開講月内であれば法人からの支払いにも対応します。請求書の発行や宛名についても、お申し込み時にご相談ください。

Q. 領収書は発行できますか

はい。お申し込み時に領収書が必要な旨とお宛名をご連絡ください。


受講キャンセルについて

Q. 申し込み後のキャンセルはできますか

申し込み後キャンセルされる場合は、自由大学までメールもしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。その際「講義名、氏名、電話番号」を明記願います。みなさんに最高の講義を提供できるよう、教授・キュレーターの準備は講義が始まる前から始まっています。

講義によってはキャンセル待ちとなることや、人数が変動することで授業の進め方が変わることもありますので、やむを得ずキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。

Q. キャンセル料はかかりますか

開講の8日前までは、キャンセル料は掛かりません。開講の7日前からはキャンセル料として受講料の100%を申し受けます。詳しくは、こちらの「受講ルール」をご覧ください。

Q. 返金のルールについて教えて下さい

こちらの「受講ルール」をご参照ください。


遅刻/欠席について

Q. 遅刻しても入室できますか

遅刻しても入室は可能です。どうしても講義に遅刻してしまう場合にはメールにて連絡をお願いします。空気を読みながらも一言声をかけて存在感をアピールしましょう。

Q. 欠席した日数分の学費を返金してもらえますか

いいえ。申し訳ございませんが、それはいたしかねます。

Q. 講義をやむをえず欠席する場合、フォローはしてもらえますか

講義によって異なります。フォローがある場合は、開講前にその方法をグループメールでご連絡します。そちらをご確認ください。

Q. 途中回から参加できなくなりました、友人に代わりに出席してもらってもいいですか

いいえ。自由大学の講義は全5回でひとつのテーマを学ぶこと、そしてその学びを通して育まれるコミュニティを大切にしていますので、お友達の方の代理出席はお受けできません。


講義づくりについて

Q.面白い講義アイデアがあるのですが

ありがとうございます。自由大学では常時、魅力的な教授と面白い学びのテーマを探しています。ぜひ「レクチャープランニングコンテスト」にご応募ください。参加方法についてはこちらをご覧ください。自由大学の受講経験のない方は、1度事前に見学されることをオススメします。

Q.自由大学の教授やキュレーターになりたいのですが

好奇心を刺激する学びの場をつくってくれる仲間をいつでも募集しています。自由大学の思想や場のつくりかたを共有したいので、何か講義を一つでも受講された経験がある方を優先しています。どんなふうに自由大学で活躍したいのかinfo@freedom-univ.comまでご連絡下さい。


イベントについて

Q.レクチャープランニングコンテストに参加したいのですが

ぜひ当日直接会場でお会いしましょう。レクチャープランニングコンテストの情報は、定期的にブログで発信しています。当日飛び入り参加もOKです。

Q.受講生同士で学んだことを披露するイベントを開催したいのですが

自由大学では、卒業生の主体的な行動を応援しています。企画の主旨に合えば、教室の貸し出しや告知など協力いたします。是非、教授やキュレーターに相談しながら、楽しいイベントを企画して下さいね。

Q.ファーストウエンズデーに参加したいのですが

お友達を誘って気軽に会場へ遊びに来て下さい。イベント情報は定期的にブログで発信で発信しています。当日飛び入り参加もOKです。


取材をしたい

Q.自由大学を取材したいのですが

ありがとうございます。掲載いただく媒体名や取材の趣旨など、お問い合わせフォームよりご連絡ください。担当者より折り返しご連絡します。教授への取材依頼の場合は教授名を明記ください。


教室レンタルについて

Q.立地が良いので、教室をレンタル出来ますか?

はい。自由大学の講義が入っていない時間帯、内容によってお引き受けしております。企業のモニター調査などにご活用頂いています。料金は1時間/10,000円(税別)です。ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

Q.卒業生ですが、講義の勉強会や同窓会を開催したい

自由大学の講義関連で卒業生が使用する場合は格安でご利用頂けます。何か企画がある場合は、講義の教授・キュレーターにご連絡の上お問い合わせフォームよりご連絡ください。


その他

Q.自由大学のグッズを手に入れたいのですが

ありがとうございます。PCに貼るのにピッタリのシール、下町の工場でつくってもらった金の箔押しロゴが入ったえんぴつ、バッグや服に付けたらポイントになるバッジなどがあります。欲しい方は自由大学のスタッフに気軽にお声がけ下さい。

Q.一緒に講義を受けた仲間や、他の期の人と仲良くなりたい

ここで出会った仲間は、一生のお付き合いになるかもしれません。積極的に懇親会やイベントを企画してみましょう!自由大学では、受講生の“前のめりな気持ち”大切にしています。

例えば、講義で知った場所にフィールドワークに行くとか、気になる人にインタビューに行くとか、講義が終わっても卒業生が企画した学びの時間が続いています。自分が1歩踏み出せば、まわりの景色も変わってきますよ。

Q.講義でzineをつくったのですが、販売してもらえますか

もちろんです!何冊かお預かりして、イベントなどで販売いたします。本棚に飾らせてほしいので、1冊寄付して頂けると嬉しいです。

Q.人生を変えたいのですが、自由大学の講義を受講したら変わりますか?

自由大学がきっかけで、人生が変わったと言ってくれる人はたくさんいます。その要因をいくつか挙げてみると、自分の言葉で考えて発表する機会があったり、仕事やある属性から離れて、いろいろな価値観を持った人たちと出会うことが、新たな思考回路をつくることに繋がるからでしょう。卒業生の活躍は「フリユニピープルFLY」で随時更新しています。受講数と自分の変化の目安は「経験が未来をつくる」を参考にして下さいね。積極的に物事に関わるようになると、より変化を実感できるようになるでしょう。