講義情報

社内起業学

社内起業学

自分で始める「働き方改革」。 やりたい仕事を企画し、事業にする方法

自由に働く学部-circle自由に働く学部
社内起業学
現在申し込みを受付けておりません

講義について

いま、国全体で「働き方改革」が叫ばれ、勤務時間の柔軟性など、個人のライフスタイルに合わせた働き方の実現に向けて多くの企業が取り組みを加速させています。

この「働き方改革」こそ自分の仕事を変えるチャンスです。会社の制度改革をただ待つより、やりたいビジネスのイメージがあるなら「自分で仕事をつくる」チャンス。規模は小さくてもやりたいことを形にし、自分の核を持って会社に事業として提案する。

この講義が提案するのは、「社内起業」という形で、自分の仕事を会社の中ででつくりだしていくこと。会社を上手く活用して自分のやりたいことを事業にしてしまう。「社内起業」の経験はその後、どんな働き方をするとしても、あなたにとって大きな財産になるに違いありません。

 

ハードルをクリアする方法を伝授

社内起業とか社内ベンチャーと聞いて、こんな疑問が浮かぶかもしれません。

  • 自分の会社に社内起業(ベンチャー)制度はないけどできるの?
  • 漠然とした思いをどうやって企画にするの?
  • どうやって交渉するの?

何を考え準備し、どういう手順で行動を開始すればいいか。この講義では、「社員による起業」への道を、「だれにでもできる方法論」としてご案内します。そして具体的な一歩を踏み出すため、講義は参加者の企画を磨くディスカッションを中心に進めていきます。

 

「それは無理」を「これならできる」に変える発想法

どんな会社でも既存のサービスを新しくしたり、新規市場を開拓することはあります。その意思決定プロセスは必ず存在し、そこに起業企画をのせていくことで可能性は広がります。この社会情勢だからこそ企業は、将来に繋がるビジネスモデルを求めています。一方、個人としては、会社の資産を使って、自分のやりたいことを実現できる。そこに「会社に縛られたくない個人」と会社の共存の可能性があります。

 

本講義の魅力

・「事業企画書」を作るのは、独立も社内も同じ
独立起業するのにも、金融機関などから融資、投資を受けるには、説得力のある事業企画書が必要です。独立も社内もどちらでも応用できるような基本的な企画書を作成します。

・「No」と言わせない交渉方法
ポジティブで斬新な企画で筋が通っていても、前例の無い提案に上司はYesと言いにくいもの。理由はその判断ができないから。Noさえ言われなければ意思決定プロセスは前進です。講義では、企画書の作成と併せて想定問答を作成 し、「No」といわせず、最終的にYesと言わせる交渉方法も学んでいきます。

・会社員の視点で起業企画のプロセスを、最短マスター
事業を始めるためには、ビジネスモデルだけではなく、事業計画とその準備プロセスも非常に重要です。本講義の教授は会社員→ベンチャー経営→会社員→社内起業の経歴を有し、現在も社内で”社内起業研修”の講師も努めるなど「社内起業」のプロ。様々な視点から事業企画に対してアドバイスすることができます。

・一方通行にならない。参加型、ワークショップ
この講義の特長は多種多様な業界と職種の人が集まり、意見交換できること。議論を通じて新たな気づきが得られます。レクチャー、発表、ディスカッション、フォローを通して、自分の企画をカタチにし、交渉ノウハウも学べる講義計画になっています。

・キャリアコンサルタントがキュレーターとして講義をサポート
以前より社内起業学のキュレーターの鈴木まことがキャリアコンサルタントの資格を取得し活動を開始。キャリア形成の視点でもアドバイスがもらえます。

 

社内外問わず、自らのプロジェクトを起こす卒業生が多数

下記に卒業生の実績をあげました。このほかにも、社内外で新規プロジェクトを立ち上げたり、提案が認められて異動や昇進が決まった人も多くいます。下記の例はみんな現在進行中で、すべてが新規事業に繋がるかは未知数。でもこうした行動をすることで会社では一目置かれ、やりたい仕事に取り組めるチャンスは大きくなります。さらに、卒業生コミュニティでは、新規プロジェクト立ち上げのノウハウを互いにシェアする勉強会なども開かれ、卒業後も学び続ける仲間がいます。

 

卒業生の活躍例

  • インドネシア法人の立ち上げ、責任者に抜擢。(第5期 松草達人さん/福利厚生アウトソース事業)
  • 新卒採用の新制度を立ち上げ。社内ベンチャー立ち上げ責任者への抜擢。(第4期 駒井亮さん/人材サービス)
  • 国内留職制度の立ち上げ(第6期 流郷紀子さん/通信教育)
  • 外国人向けサービスアプリに関する新規事業の立ち上げ(第8期生/広告代理店)
  • 社内サークルの立ち上げ。ETロボットコンテストに出場(第5期 森見真弓さん/通信機器開発)
  • 販売促進プロジェクトの立ち上げ(第7期生/専門化学メーカー)
  • 日本のものづくりを応援するマーケティングサービス「Japanity」の立ち上げ。(第3期 吉田晴美さん・第6期生イラストレーター)

(第15期募集開始日:2019年2月25日)

こんなかたが対象です

自分の夢を実現するため、社内で自由に生きるため、会社の中を変えるため、仲間をつくるため。講義への参加理由もさまざまでOKです。

すでに社内起業に向けて動き始めている人はもちろん歓迎。これからアイデアをまとめる人は、講義を通じて一緒に企画書をつくっていきましょう。

卒業者の声

「会社を見る目が変わった」
いかに会社という環境が恵まれているかもわかり、自分がやりたいことが今の会社で出来る、という思いをもつことができた。また、プレゼンスタイルや資料で、聞き手を動かすちょっとした工夫の紹介が役に立ちました。

 

 

「Yesと言われなくてもOK」

前までは上司が「Yes」と言ってくれないことに対して苛立ってましたが、「No」と言われなかったので先に進めるって思えるようになりました。 何度か企画を練り直して、少しずつ提案内容が進みつつあります。

 

 

「刺激しあえる仲間との出会いがある」

望月さんの「授業が終わってからが始まりだ」という言葉が心強かった。面白い人とたくさん知り合えた。人のテーマに対してアイデアを惜しまない素敵な人達ばかりだった。人と知り合いたいという当初の目的を達成しつつあります。

 


講義計画

第1回

起業基礎知識 ~起業のために大切なこと~

・社内起業に対する社会環境、起業姿勢、求められるものを知る
・起業家としての必要な心構えを理解する
・独立自営と社内起業の違いを理解する
・自分の強みやアイデアを見つけるためのワーク

第2回

目標を具体化する ~やりたい仕事とは~

・夢を目標にし、その目標を具体化する
・起業目標を自分の夢に近づける方法を考える
・社内起業の例から学ぶ
・一人一人の企画概要を発表、ディスカッション

第3回

企画書を描く ~ビジネスモデルの組み立て~

・ビジネスシナリオを考える
・目標までの時間軸の設定と課題を整理する
・収支をモデル化し試算する
・ビジネスシナリオを補強する客観的データの集め方、見せ方
・一人一人の企画概要を発表、ディスカッション

第4回

企画書概要発表と討論 ~説得力のある企画書とは~

・企画書を中間発表しよう
・想定質問を考え、企画書の補強加筆修正をする
・一人一人の企画概要を発表、ディスカッション

第5回

Noといわせない交渉法 ~会社との想定問答~

・会社との交渉ポイントを知り、小さなYesを獲得するコツ
・社内提案するための具体的なアクション、戦略をいっしょに考える
・各メンバーへの講評
・ゲストを迎え、外見を味方につけるプレゼン、立ち居振る舞いについても一人一人にコメントします。

鈴木まこと

キュレーター

鈴木まこと

☞ プロフィールを見る


ゲスト

篠田洋江

ウォーキング講師

篠田洋江

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
社内起業学
日程

第1回:4月13日(土)15:30-17:30

第2回:4月20日(土)13:30-15:30

第3回:4月20日(土)15:30-17:30

第4回:4月27日(土)13:30-15:30

第5回:4月27日(土)15:30-17:30

定員
10名 ※定員になり次第締切
申込締切日
4月7日(日)
授業料
55,000円(税別)
キャンパス

表参道 COMMUNE2ndメインキャンパス

補講について
欠席した場合、来期の講義開催時に同じ回を受講することが可能です。 ただし、初回講義案内時にお知らせするメーリングリストにて、欠席のご連絡を予めいただいていた方に限り、1回のみ振替を受付ます。
その他
領収書を発行できます。「お問い合わせ」よりご連絡ください。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望