講義情報

場の主催学【オンライン】

場の主催学【オンライン】

人がつながる仕掛けをつくろう

自由に働く学部-circle自由に働く学部
場の主催学【オンライン】

講義について

多様な人とのつながりは、新しい刺激や機会をもたらし、人生やキャリアをシフトするキッカケとなります。

この講義では、そのような、人が集う「コミュニティ」をつくり、自分らしい生き方の実現への一歩をふみ出します。

 

場づくりの一歩をふみ出す”実践講義”

実現したいコミュニティを自ら立ち上げられるよう、2ヶ月の講義で以下を行います。

1)15年以上、複数のコミュニティを運営してきた教授の実践に基づく、コミュニティの方法論をインプット
2)フレームワークに基づく順を追ったワークで、実現したいアイデアを具体化
3)受講生同士のディスカッションや、教授からのフィードバックにより、アイデアをブラッシュアップ

特徴は、コミュニティのはじまりとなる人の集まりを実際にやること。考えるだけでなく体を動かせば、方法論が身につくだけでなく、自分が心動くことや参加者が求めることを確信でき、コミュニティの成功がより確かなものになります。

企画を実現し、学びを確実にする様々な工夫により、受講生は互いに切磋琢磨しながら、着実な一歩をふみ出せます。コミュニティを通じて、キャリアや生き方の幅を広げたい方は、ぜひご一緒しましょう。

 

場の主催学


キャリアや人生の幅を広げる「コミュニティ」

過去の受講生は、以下のような集まりを講義期間内に実施しました。実現できたことが自信になり、参加してくれた人の声が励みになったと、多くの人がいいます。

・新聞を読む勉強会
・ミドル以降のキャリア相談
・セカンドキャリアを考える
・ワーキングママのキャリア課題を共有する会
・ものづくりを一緒に楽しむ会
・手帳を用いて目標を達成する会
・地方を活性化する企画を実行する会
・パラスポーツ体験会
・戦争体験を伝えていく会
・不登校の子を持つ親のコミュニティ
・テクニックではなく本質的な学びとして中学受験を考える会
・科学教育の方法論を普及させる会

まずは形にして、同じ関心を持つ人が交われば、新たなアイデアが生まれ、それを実現させれば、参加者に価値を提供できます。次、また次と、実績が積み重なれば、やがて仕事として頼まれ、ライフワークにつながることも少なくありません。そういった連鎖の始まりとなる、人がつながる仕掛けをつくることが、キャリアの幅を広げ、人生を豊かにする第一歩なのです。


まずは、気軽に実行してみよう

コミュニティづくりの一歩を阻むのは、立派にやらなきゃ、あれもこれもと、無意識の内に大げさに考えること。「まず、実行すること」を最優先に、以下のように発想を転換すれば、気が楽になります。

・その場を必要とするよく知った数人と始める
・内容も必要最小限に絞り込む
・そうすることで、自分1人でお金もかけず、小さく試すことから始める
・やってみて違うと感じたら、方針転換すればいい
・発展途上であると納得してくれる人々と、じっくり一緒につくり上げる

失敗が許されない本番ではなく、より良くするための試行と考えればいいのです。実行してはじめて、自分の心が動くことや、参加者が求めることの輪郭が見えてきます。まずは仮決めでいいので、動きだすのがポイントです。

この講義では、無意識にハードルを上げてしまう「誤解」を解きほぐし、ワークやディスカッションを重ねて自分の中にある想いを言葉にしていくので、一人だけではなかなか動き出せない問題を解決できます。

 

「小さく試す」方法で、誰でもコミュニティを立ち上げられる

自身の原動力、提供するコンテンツ、参加者のニーズなど、核となる要素がかみ合えば、コミュニティは自ずと活性化し、人が人を呼ぶサイクルが回ります。

そこに至るまで、実行と改善を重ねれば、コミュニティは必ず立ち上がります。ポイントは、原動力やゴールを明確にした上で、気軽に続ける仕組みを持つことです。この講義では、そのような「小さく試す」コツも学びます。

 

確実に実行できる工夫

「小さく試す」を体得するために、第3回と第4回の間に、集まりを実施するのがこの講義の特徴です。

全員が企画を実現できるよう、様々な工夫をしています。

・企画実現の手順を、誰でもできるステップに分解
・負荷なく実行できるよう、毎回のワークに落とし込む
・締切の設定、受講生チーム、修了生アシスタントなど、実行を後押しする様々な仕掛け
・課題提出や質問に対し、教授が詳細なフィードバックを返す

これらの工夫により、第2期の受講生は、全員が集まりを実施できました。毎回のワークを通じて、クラス自体が楽しく刺激に満ちたコミュニティとなります。良いコミュニティをつくってみたいと思う人は、ぜひ気軽にご参加下さい。

 

<高橋教授からのメッセージ>

15年前、行きつけの寿司屋でたまたま隣り合わせた人と意気投合し、ご近所会を始めました。

そこで生まれたご縁の連鎖から、次々と企画を形にしていたら、思いがけず独立することになり、「学びづくり・場づくり」という”天職”にもたどり着けました。

このような機会をもたらしてくれた「コミュニティ」を、誰でもつくれるようにとの想いで立ち上げたのが、この講義です。やりたいことが具体的にできていない人も、内向的で幹事なんかやらない人も、気おくれせず来てください。

私自身、ご近所会を始めたのはたまたまで、それまでは、1人でユーラシア大陸を横断したり、離島で1ヶ月近く野宿するような人間でしたが、今や場づくりが仕事にまでなっています。

何か形にしたいという想いさえあれば、具体的なアクションを始められるよう、様々な工夫をしています。

講義では、たくさんの問いを投げかけ、対話を重ねるので、頭に汗はかきますが、刺激に満ちた学びになると自負しております。皆さまの人生を愉快に変えるお役に立てれば幸いです。

 

現代アートギャラリーで実施したアートの会

 

■講義外でも学びと実践を継続する仕組み
限られた時間で学びを最大化するため、以下のような工夫をしております。

1.ホームワーク
・誰でも確実に企画を実現できるように、各回のワークにアクションを落とし込んでおります
・毎回の講義は、ホームワークをやっている前提で設計しています
・他メンバーの学びの機会でもあるので、当日の昼休みや帰宅途中にスマホで書くだけで結構なので、最低限形にして下さい

2.チームの自主ミーティング
・互いの実践を支援する目的で、受講者は3〜4人のチームに分けられます
・講義と講義の間に1回、チームでの自主ミーティングを実施し、企画や課題を互いにブラッシュアップして下さい

3.Facebookグループでのディスカッション
・講義以外でも、いつでも質問やディスカッションできるように、受講生のグループをつくります
・教授は、全ての質問に必ず即座かつ詳細に、全員の学びになるようにお答えします
・投稿の数が多いほどクラス全体の学びが深まり、自分のプランがより良いものになります
・初歩的なことでも、的外れでも、個人の企画に関する質問でも、積極的に投稿下さい

 

■過去のゲスト

問いでつながるコミュニティ「議論メシ」主宰 黒田 悠介さん
人生を楽しみきるパラレルワーカー 中村 友香さん
100人カイギ founder 高嶋 大介さん
一般社団法人母親アップデート 代表理事 なつみっくすさん
「朝渋」代表   5時こーじさん

 

よくある質問集はこちら   受講を検討している方はご覧ください。

 

(第3期募集開始2022.3.1)

こんな方が対象です

・すでにコミュニティ立ち上げていて、より発展させていきたい方

 

・コミュニティ場を立ち上げようとしている方

 

・やりたいことが定まっていない人でも、毎回のワークをこなしていけば、テーマを仮決めして企画を実現できるように設計しております

 

※これまでの参加者の属性

・年代は20代から50代、お仕事も会社勤め、公務員、フリーランスや会社経営など多様

 

・テーマは、ビジネスの勉強会から、地方創生などの社会課題系まで

 

・経験値も、未経験者からすでにコミュニティを主催している人まで色々です

 

・共通するのは「良いコミュニティをつくりたい」という想いをもち、アクションを起こしていること

「場の主催学」の魅力が分かる!オンライン・トーク

受講生の声

まずはやってみること!でやってみた交流会では想定外の良い反応があり、とても嬉しかったです。続けていきます。

 

・一番強く残ったのは「やってみる(実践する)」ことの重要性。もちろんそのうえでやるまでの準備の仕方や考え方も参考になりました。

 

・これを受講してなかったら、イベントをやらなかったと思います。蔓延防止で、しばらく出来なかったと思うので、受講して無理にでもやってみて良かったです。

 

・高橋教授からフィードバックを浴びるほどいただきました。言葉の一つ一つをきちんと掘り下げ、わかりやすく伝える方法を学びました。課題は多く、重く、あっという間でしたが、やり遂げた今は達成感でいっぱいです。ありがとうございました。

 

・原動力の熱量が上がったことで、行動にも移しやすくなりました。これも皆さんが否定せずに話を聞いてくださって、高橋教授が根気よく問いや手段を与え続けてくださったお陰だと感謝しています。

 

・教授のコメントや、それぞれの場を作る上で、お互いに連絡を取り合い、相互理解と自己理解が深まった気がします。

 

・お金を払ってでもやりたいことが仕事、という言葉はとても印象的で、自分の行動を選択するときの基準にしたいと思いました。

 


講義計画

第1回

コミュニティの基本を知る

全体の基本となる考え方をお伝えします。

・人が人を呼ぶコミュニティの基本要素としての、旗・軸・仕組み
・自走に必要な、原動力、コンテンツ、ターゲットの課題解決の整合
・実行を阻む暗黙の「誤解」
・必ずうまくいく「試行」の考え方
・企画≒案内文の基本要素

また、実践を支え合う良いチームをつくるため、自身と互いを理解するワークも実施します。

なお、初回と最終回は、講義終了後、1時間程度のオンライン交流会を実施するので、気軽にご参加下さい。

第2回

企画の骨子を組み立てる

コミュニティを立ち上げる第一歩としての集まりの企画の要点を、フレームワークに沿って整理し、受講者同士でブラッシュアップします。

また、実践を継続する工夫を理解し、試行の実現に向けたアクションも洗い出します。

企画の骨子
・試行の目的〜何を確かめるのか
・原動力を言葉にする
・具体的なターゲットを1人に絞り、関心を想像してみる
・コンテンツを具体化し、上記の整合を試みる

実行と継続の工夫
・目的と参加者価値を基準にムダを削る
・最初は一人で回せるくらい軽くする理由
・軽くするコツ:焦点を絞る、ムダを削る、簡素化、誰でもできる化、セルフサービス化と共創化、自動化、期待値調整

試行実現に向けたアクション
・最初に声をかける人を5人挙げる
・各人に合わせ、どう誘うか考える

第3回

企画を実現させる

案内文を人に伝わるようにブラッシュアップし、実現に向けて詳細を詰めます。

案内文の精査
・申込者の目・頭・心の動きをシミュレーションする
・様々な「通常外」を想定し、問題を予防する
・申込者を迷わせない文章とコミュニケーションの設計

実現に向けた詰め
・成立から実施まで、逐次のアクションに細分化する
・いつまでに、誰が、何をするかを割り当て、実現可能性を検証する
・自走のための、ふり返りを実施する

<試行イベントを実施>
第3回と第4回の間に、コミュニティ化を見すえた集まりを試行して頂きます。

・テーマや形式は自由、オンラインでも対面でもOK
・お勧めは、60〜120分程度、参加者数人からで、的を絞った内容
・一人で回せるくらいシンプルな運営を目指すと気軽にできます
・仮説検証が目的なので、肩肘張らなくて結構です

実際に集まりをやることが、この講義最大の学びのキモなので、何としても実現して下さい。第2回終了後に声がけを始めるくらいのスピード感です。

第4回

試行をふり返る

試行とチューニングを重ねれば、誰でも必ずコミュニティを立ち上げられます。

この回は、集まりを試行して得た気づきを掘り下げ、自走に向けた学びやアクションを具体化します。

・コミュニティ発展の2段階
・原動力と強み
・実現したい世界
・コンテンツがターゲットのニーズを満たすメカニズム
・具体的なステップと次の一歩

<ゲストからのレクチャー>
コワーキングスペースやシェアハウスを経営する竹沢徳剛さんをお招きして、多士済々をコミュニティ化して、興味深い取り組みをさまざまに生み出すコツについて伺います。

第5回

自走をはじめる

修了後も自力で場づくりを続けられるように、自走プランを発表します。

また、実際にコミュニティが発展した際に起きる問題と、それらを予防する考え方など、継続するための知見もお伝えします。

・コミュニティ「4つの死因」:成長段階で起こる問題とその予防策
・採算など、持続可能性の問題

最終回の講義後は、過去期の修了生も参加するオンライン打ち上げを1時間程度で実施しますので、よろしければご参加下さい。

<ゲストからのレクチャー>
Pinterest Japan, Facebook Japanでコミュニティマネージャーを務め、ASICS, Snapchat, Docomoなどのグローバル顧客をもつ。などグローバル企業のユーザーコミュニティを運営し、プライベートでもコミュニティを長く続けてきた松澤 ダンフォード 亜美さんをお招きして、良いコミュニティのつくり方や、コミュニティをキャリアや人生に活かす方法について伺います。

庄司 弥寿彦

キュレーター

庄司 弥寿彦

☞ プロフィールを見る


ゲスト

竹沢 徳剛

RYOZAN PARK オーナー

竹沢 徳剛

☞ プロフィールを見る

松澤ダンフォード 亜美

コミュニティストラテジスト/LunchTrip共同代表

松澤ダンフォード 亜美

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
場の主催学【オンライン】
日程

第1回:4月8日(金)19:30−21:30

第2回:4月15日(金)19:30−21:30

第3回:4月22日(金)19:30−21:30

第4回:5月13日(金)19:30−21:30

第5回:5月20日(金)19:30−21:30

定員
12名  ※定員になり次第締切
申込締切日
4月7日(木)
授業料
36,000円(税込39,600円)
キャンパス

◆オンラインZOOM

ビデオ会議ツール「Zoom」によるオンライン講義です。

【講座方法について】
「Zoom」アプリケーションを使用します。

●事前にZoomのダウンロードと登録をお願いします。
(https://zoom.us/download

  • 参加にあたりカメラ【オン】を必須でお願いしております。ディスカッションの際は、マイクも【オン】。
  • キーボードを使ってワーク資料を作成するので、PCでご参加ください。
  • zoom参加方法は、お申し込み者さまに改めて講義前日にメールにて詳細をご連絡いたします。
  • zoomの技術的なサポートはできませんので、各自で習熟ください(難しいことはしません)
課題提出について
毎回のホームワークを行うことで、初心者でも順を追って試行イベントを形にできるように設計しております。ワークは相手の学びの機会でもあります。 スキマ時間にスマホでできる課題が中心なので、クラス当日のお昼休みや通勤途中でいいので、最低限形にしてきて下さい。
使用するITツールについて
以下ツールを使用して、講義、課題作成・提出、コミュニケーションを行います。
・Zoom
・Google(ドキュメント、スライド、スプレッドシート)
・Facebookグループ
個別にサポートはできませんので、懸念がある場合、自身で練習する、チームメンバー同士で教え合うなどで対応下さい。
補講について
欠席者のフォローとして、前日までに事前連絡があった人に限り、1回のみ録画を共有します。
講義時間について
講義の進行状況により多少延長する可能性があります。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望