講義情報

新旅学のすすめ

新旅学のすすめ

旅の視点を学び、日常の解像度を高めよう!

世界と繋がる学部-circle世界と繋がる学部
新旅学のすすめ

講義について

これからの未来予測

政治や経済を軸に国と国が繋がり合う時代は終わりを告げようとしています。インターネットが個人と個人を繋いでいくのを助け、すべての情報はクラウド上に集まり、世界のどこにいても自宅やオフィスにいるのかのようにアクセスできて仕事や個人プロジェクトを進められる環境が整備されている世の中になっていることに疑いを持つ方は少ないでしょう。

さらに技術革新は経済にもその影響の範囲を広げ、銀行を介さずにお金の出し入れが可能となり、クラウドファンディングなどで赤の他人から直接共感をベースとした資金援助ができる時代となりました。

今後の未来予測をしてみると、LCCの台頭により人々の移動はこれまで以上に加速していくことは容易に考えられます。ビジネスの視点で考えてみれば市場の原理やトレンドを追いかけていくだけでは難しく、新しいアイデアはほぼ皆無になりつつあります。トレンドよりも個人の美意識を軸としたカルチャーを創造する人たちが時代をつくり影響力を持つことで、何かを独占することよりもシェアしたり、誰かを共感させることで、経済や実質的な富を個人にもたらすことが文化的先進国の北欧の都市などでは生まれ始めています。豊かな時代の象徴となる機能やシステムが世界の至る所で築かれていることに気づいている人とそうでない人とでは、長い目で見てみると大きなギャップが生まれてくるでしょう。

なぜ旅が必要なのか?
世界100カ国以上を旅した実践者がキュレーター

このような未来に対して断言しているのは、私たちが習慣として自らの足で世界を回り、今起こっている様々な状況を観察し、その状況を作り出している未来学者やカルチャープレナーといわれる、創造性を武器に未来を切り開いている人々と関係性を築いているからです。

では、こんな時代を創造的に生き抜く為に必要とされる資質とは一体どのようなことなのでしょうか?

その一つは「多様な視点を持つこと」がヒントになるのではないかと考えます。

100カ国以上をくまなく回っていると、今の時代をより豊かに生き抜くライフデザイン力、キュレーション力を身につける必要があること。そして、組織の看板やポジションではなく、個人の思想や独自の経験から生まれる様々なストーリーにより、世界を前のめりに活用する多様な視点で考えてみることがきっかけになり、行動や関わる人やアイデアまでもが変わって来ます。個人化する世界を舞台にサバイバル能力を高めるマインドセットや機会を実践の中で身につけていくことがこの講義のゴールになります。

本講義では多彩なゲストもお呼びしながら、地球視座でクリエイティブに事業を創り上げるdoersも招き、彼ら彼女たちからの実践した話やディスカッションを通じて、その暗黙知と自身を対比していくことを大切に考えています。

____________

この講義の終了後、実践編として11月28日から12月2日(予定)でフィンランドの起業家セッションの「Slush」などのプログラムを入れた北欧での現地集合・現地解散のプログラムを開催する予定です。詳細は後日公開しますが、いち早く情報が欲しい方はこちら(info@freedom-univ.com)までその旨ご連絡ください。

こんな方が対象です

旅の経験をカタチにしたい人

日常の見方を変えていきたい人

多様な視点で考えていきたい人

仕事でアイデアを企画し創る人

物事の解像度を変えていきたい人

旅を通じて、キュレーションを探求したい人


講義計画

第1回

なぜ旅をする必要があるのか?

人はなぜ移動をし続けるのか?その効果とは?という問いから、移動進化論的に移動を哲学し、基本的な価値観や視座を養います。移動とお金、移動と政治、移動とイノベーション、移動と地域創生、移動と小商いなどなど、様々な視点で移動を再定義し、新たな旅への方法論を追求します。

第2回

旅を思い出で終わらせない

移動は日常的に必須な行為であるのに関わらず、旅を特別なものとしがちです。旅は特別な体験を演出するツールとなり、その視点で日常を見てみると感じかたや行動が変わってきます。

この旅や移動というツールを最大限活用して自分独自の視点を構築し、唯一無二のシゴトや商いをデザインしている旅人の事例をアーキタイプしていきます。

第3回

ケースセッション(旅×カルチャー×仕事)

旅から独自の視点で新たなカルチャーを提案し、スケールするビジネスを構築しているケースからディスカッションしていき、旅の暗黙知を自分の言葉として言語化、探求していきます。

第4回

旅と偶発性

偶発性は呼び起こすことができるのでしょうか?どうして旅では偶然の出来事が起こりやすいのでしょうか?偶発性を呼びこむことを中心に事例に分けて考えています。

第5回

あなたの視点の探求への旅

第一回から第四回で学んだことを踏まえ、それぞれどのような探求する視点を持って旅をしていくかを発表していきます。それは、世界一周の計画でも日常の視点でも構いません。大事なことは何を問題設定し何を探求していくかです。

本村拓人

キュレーター

本村拓人

☞ プロフィールを見る

岩井謙介

キュレーター

岩井謙介

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
新旅学のすすめ
日程

第1回:11月 8日(水)19:30-21:00

第2回:11月12日(日)10:30-12:00

第3回:11月15日(水)19:30-21:00

第4回:11月18日(土)15:30-17:00

第5回:11月18日(土)18:00-19:30

定員
15名 ※定員になり次第締切
申込締切日
11月1日(水)
授業料
28,000円(税込)
キャンパス

表参道 COMMUNE 2ndキャンパス

次回開講日程を問い合わせる