講義情報

保護中: クリエイティブ都市学 – 北欧学

保護中: クリエイティブ都市学 – 北欧学

北欧のクリエイティビティをどう生き方にしていくのか

世界と繋がる学部-circle世界と繋がる学部
保護中: クリエイティブ都市学 – 北欧学

講義について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

こんな方が対象です

・プロダクトデザイン、ソーシャルデザインなど様々なデザイン文脈を考えてみたい方

・サスティナブルな考え方を仕事や生活に取り入れたい方

・「公」「共」「私」の関係について考えてみたい方

・北欧のクリエイティブマインドを仕事に活かしてみたい人

・北欧のクリエイティビティーやプレゼンスを探求したい人

・様々な観点から都市について学んでみたい人


講義計画

第1回

北欧学入門

第1回は、東海大学で北欧の社会政策を研究されている柴山由里子さんをゲストとしてお招きし、そもそも北欧という社会や今回のテーマの国であるフィンランドを理解していくためのポイントについて学んでいきます。

クリエイティブは誰のものなのか?個性と秩序のバランスは?エンジニア発想とは?「公」・「共」・「私」の関係性は?
こんな問いを立てながら、基本的な視点を学んでいきます。

第2回

サステイナビリティとデザイン、デザイナーの関係

第2回は、フィンランドのテキスタイルのデザインデュオSaana ja Olli(サーナ&オッリ)を迎え、サスティナビリティについて探求していきます。環境不可の少ない繊維ヘンプを使った商品を展開している彼らは、食べ物についてもビーガンを貫いています。デザインと生き方で共通するマインドセットはどのようなものなのでしょうか?

 

第3回

自然と共存する生き方、そこから生まれるデザインワーク

第3回は、インテリアデザイナー兼家具デザイナーで、建築事務所でインテリアデザイナーとして活躍するViivi Laine(ヴィーヴィ・ライネ)さんを迎え、自然と共存する生き方について探求していきます。平日は都市の中で仕事をし、週末に森でハンティングやトレッキングなどをするそうです。この自然の中で過ごす時間、そして都市の中で過ごす時間のバランスがどのようにデザインや生き方に繋がっているのでしょうか?

DSC05721

第4回

未来を見据え、デザインができること

第4回は、マーケティングとセールスの経歴を持つ、フィンランドの若手デザイナーSamuli Helavuo(サムリ・ヘラヴオ)さんを迎え、未来に対してデザインが持っている可能性について探求していきます。マーケティング、セールスの経験もあり、ビジネスとしてデザインが世の中に対してどのような意味を持つのか、そして自らも実践しているという「昆虫食」についても考えていきます。

 

第5回

クリエイティブデザインの行く末

第5回は、日本フィンランドデザイン協会の理事長で自身も夫婦でAalto+Aaltoというデザイン事務所を行なっているElina Aalto(エリナ・アアルト)さんをを迎え、これからの社会にデザインがどのような役割を果たしていくのかということについて、教育などの視点も織り交ぜながら探求していきます。

岩井謙介

キュレーター

岩井謙介

☞ プロフィールを見る


ゲスト

柴山由理子

東海大学文化社会学部北欧学科講師

柴山由理子

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
保護中: クリエイティブ都市学 – 北欧学
日程

第1回:10月10日(水)19:30 - 21:00

第2回:10月13日(土)10:30 - 12:00

第3回:10月13日(土)13:00 - 14:30

第4回:10月14日(日)10:30 - 12:00

第5回:10月14日(日)13:00 - 14:30

定員
20人
申込締切日
10月3日(水)
授業料
36,000円 (北欧からのゲストを呼んでいるので、日程・カリキュラムの入れ替え、変更などが発生する場合があります。)(税別)
キャンパス

第1回:永田町みどり荘 Gridビル5階
第2回〜第5回:表参道 COMMUNE 246キャンパス

ゲストとのコミュニケーションについて
簡単な通訳が入ります。北欧諸国の方は、英語でのコミュニケーションが堪能な方が多いので、英語でのコミュニケーションが可能です。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望