講義情報

実践!アーバンパーマカルチャー※満員御礼

実践!アーバンパーマカルチャー※満員御礼

都市を耕し消費者から創造者へ。地球で豊かに暮らすデザインを学ぶ9ヶ月の冒険

未来を拓く学部-circle未来を拓く学部
実践!アーバンパーマカルチャー※満員御礼

講義について

活かし合う関係性をデザインする

パーマカルチャーという言葉をご存知ですか?1970年代にオーストラリアで生まれたパーマカルチャーは、「Permanent(永続的な)」と「Culture(文化)」をあわせた造語。持続可能な生活・文化・社会のシステムをデザインする知恵のことです。

こう書くと、「高尚な思想を持って、田舎で自給自足」という自分の生活からは遠いイメージがあるかもしれませんが、実はその本質は「活かし合う関係性をデザインする」ということにあります。田舎だろうと、都会だろうと、色々な人やモノが関わりあって成り立っているのは変わりません。だとすると、むしろ人やモノが多い都市にこそ、パーマカルチャーというコンセプトは力を発揮するのではないでしょうか。

01

 

Problem is Solution/課題あるところに解決がある

環境問題をはじめ、現代の社会問題の原因の多くは都市が発端になっています。しかし、パーマカルチャーには「Problem is Solution/課題あるところに解決がある」という言葉があります。これまでゴミだと思っていたものが実は大事な資源になったり、事件や事故が却って状況をよくするチャンスになったり、全ては創造力次第! そう考えると、一見問題ばかりに見える都会にこそ、多くの可能性の芽があるはずです。

Urban Permacutlureを自分たちのコミュニティで実践するための講義

教授のソーヤー海さんは、パーマカルチャーの考え方を、都市の自然と人間、街との関係にも応用することで、目の前の都市からより大きな世界を変えていくことを目指しています。東京にタネを植え、スキマを見つけてさまざまなことを自分たちでやってしまおう!自らに変革を起こし、実践していく講義です。

 

―ソーヤー 海さんからのメッセージ―
「時代に合わせて、より実践的な長期コースで生きる力を」

2020年は新型コロナウイルスで社会が一変した。経済の低迷、気候変動、人類が直面している大きな問題に対応できない今の社会。これこそがチャンス!

パーマカルチャーの合言葉は The problem is the solution. (問題こそが解決策へのデザインチャンス)。パーマカルチャーは僕たちの生活レベルから、これらの問題の解決方法を導いてくれる。「生活」つまり私たちが日々取り組んでいる、生きる活動。

自然と闘うのではなく、自然の循環を暮らしに取り入れて、より豊かで余裕のある健やかな暮らしの道を歩む。それがパーマカルチャーの楽しい冒険なんだ。僕はその世界にできるだけ多くの人を招待したい。こんなに最高な地球だからこそ、みんなと環境を再生しながら豊かな世界を創造したい。地球の上で生きることを学びなおそう。

今までは2〜3日で完了する講義をやってきたけど、時代も時代だし、生きることとパーマカルチャーをしっかり探求して、実践者を増やすことに専念したくなった。そういうわけで思い切って9ヶ月プログラムにレベルアップした。

尊敬しているガーデナー石田のりかさんとCOMMUNEチームと共に、大都会の中のミクロなオーガニックガーデンを実現させる。アーバンパーマカルチャーのモデルケースを目指して、都会の循環型なシステムを計画中。COMMUNEのフードカートからの生ゴミをミミズコンポストで堆肥にして、堆肥からオーガニック野菜をその場で育て、屋台の食材に活用してもらうなど。

そんなワクワクのプロジェクトを自由大学と連携して、受講生と手を動かしながら作っていくよ。実践を通して学ぶのが一番! COMMUNE GARDEN を作り上げるだけではなく、みんなもガーデナーとして自信をもって、新たな菜園を都会中に作れるようになってほしい。ただ植物を育てるのではなく、土をつくり、生態系に触れて、新しい時代を創造していくコミュニティになることを目指している。
未来をみつめる本気のパーマカルチャー講義だから、予定外にスペシャルゲストも現れるかも!受講生はスケジュールに余裕をもって参加してもらえるとありがたいです。時間枠内に実習が収まらない可能性があるので。OK, lets garden the city!!!!

―石田紀佳さんからのメッセージ―

パーマカルチャーの哲学を、共生革命家の海さんと通じて学ぶ講座はわたしにも刺激的でした。だからより多くの方に触れていただきたいなあと思っています。

今回は春の天然自然を街の屋上で感じます。植物たちもわたしたち動物も変化していますね。過酷な夏をこえた秋のガーデンのような人間になりたい。パーマカルチャーの哲学ももっとディープな面にアプローチ!

都市の屋上という通常の日本列島の風土とは違う場所で、どんな生き物たちと遭遇し、わたしたちがどう変わっていくのか、すっごく楽しみです。明治神宮の百年の森の草木から、これから生まれてくる屋上の沙漠的環境の草木たちとナマで知り合っていきましょう。東京にいながらにしての地球散歩だよ。

屋上菜園

講義で育てている屋上菜園にてランチ休憩。表参道の都市のスキマでもできることは多いとメンバーに伝える石田さん(左端)

 

今回の講義で使用する自由大学の屋上テラス。ここに自由に菜園をつくろう

今回の講義で使用する自由大学の屋上テラス。ここに自由に菜園をつくろう

ポットラック

ポットラックランチ

<当日のおおまかなタイムスケジュール>

10:00
【チェックイン】ソーヤ海さんと受講生との対話がここから始まります。
【座学レクチャー】教室にて。

12:00
【ランチタイム】それぞれで持ち寄った食べ物に、屋上の収穫物を添えていただきます。ポットラック式でも、お弁当でも、どうするかみんなで相談します。外に出たい方は自由行動で大丈夫です。
※ポットラックは、緊急事態宣言中は、やめておきます。

13:00
【実習】
主に屋上や教室で作業します。

15:00
【チェックアウト】
毎回、体験や気づきのシェアリングをパーマカルチャーでは大切にしています。

16:00
【終了予定】
終了後も、希望者は屋上菜園の作業の続きをすることもできます。

※基本は午前に座学、午後に実習。しかし、季節、天候によって、実習、座学の時間帯は変わります。人間の都合だけでなく、大自然の営み、巡りを重視します。ちなみに、夏季は日差しの強い日中は座学にして、日暮れ頃から屋上作業をする可能性もあります。

 

【参考サイト】
東京アーバンパーマカルチャー

An invitation to stop: Kai Sawyer at TEDxTodai

【Scholarship(奨学金)制度について】

対象者:意欲にあふれているが経済的サポートが必要な20代以下の人
定員:若干名
受講料:下記参照
応募方法:下記エントリーフォームから「応募動機と自己紹介」を記載ください。合否は追ってご連絡します。合格した場合、無理のない範囲でアシスタントや講義のサポートをしていただくこともあります。
スケジュール:
第一次募集締切:締切ました。
選考通知:2021年2月5日(金)

(第10期募集開始日:2020年12月16日)

こんな方が対象です

・パーマカルチャーに興味があり、学び・実践できる場やコミュニティを探している方

 

・いまの生活や世の中に漠然と違和感があり、もっといい方法があるんじゃないかと感じている方

 

・主体的に活動したい方

 

・自分がどう生きたいのか?その手がかりを見つけたい方

 

・地球のどこででも生きていける力を身につけたい方


講義計画

第1回

自然体になる、アーバンパーマカルチャーの世界観

この9ヶ月プログラムは、アーバンパーマカルチャーの世界観を学び自然体になり、都市(現代社会)を耕す自己を形成するためにつくりました。都会の屋上ガーデンに緑を育む実際の作業を通じて、パーマカルチャーの基礎である「観察と創造」を、四季を通して体得します。目標は、未来に向けて支え合いの生態系づくり、命のムーブメントに入っていくこと。 具体的には、ガーデナーとして都会でもどんな環境でも菜園を作れるようになることを目指します。

まず初回はパーマカルチャーとは何か、歴史と倫理、デザインの原則を学んでいきます。なぜいま都市でパーマカルチャーなのか。世界の現状を踏まえた上で、講義とディスカッションで掘り下げていきます。明治神宮の散策をしながら森の仕組みや植物について理解を深めましょう。

※10時に明治神宮の「明治神宮宝物殿前」の芝生に集合、雨天でも行いますが、台風などの場合は中止とし、12:30から自由大学にて講義とします。

第2回

パーマカルチャーの基礎1「観察と創造」

屋上という風土で可能な「コンポスト」について考えます。パーマカルチャーにおいてコンポストは最重要。自然の循環がコンポストそのものだと言えるからです。各自が自宅でコンポストを始めるための発酵に関する知識や技術を学びます。良い土とはどのようなものか。微生物(乳酸菌、麹菌、酵母ガーデンづくりなど)が有益に作用する場合は「発酵」となり、逆に有害な場合は「腐敗」となります。その違いはどこにあるのか。菌や微生物など「目に見えない命の動き」も感じられるようになりましょう。

第3回

パーマカルチャーの基礎2「都市の野草採取術」<実習>

都市での自給自足の第一歩は、野草採取から。春に芽吹いてきた都市の「食べられる野草」の見分け方、食べ方、効能までを学びます。ふだん「雑草」とひとくくりにされてしまう草花ですが、改良された野菜にはない、自然の苦みや渋味を味わえます。香りを楽しんだり、効能や野生のパワーをいただくための知識を習得します。希望者は3月中に種まきをして、春から初夏の野菜を育生します。

第4回

パーマカルチャーの基礎3「ハーブ療法」<実習>

パーマカルチャー的治癒、健康とはなにか。基本的なハーブからエッセンスを抽出。水蒸気蒸留やアルコール抽出によりエアスプレーなどを制作し、薬草セルフケアを身につける。断片的な知識や技術だけではなく、自ら考え応用していける統合的な知恵と実践方法を学びます。自分たちで屋上で栽培している植物と、都内や里山で採取した植物を使用します。

第5回

パーマカルチャーの基礎3「夏野菜の種まき」<実習>

ガーデンづくりにあたり、都市(表参道)の屋上に適した植物は何があるでしょうか。都市、屋上、水、土、光、風… 地球規模で探っていきます。自分たちが使用する環境を見極め、その場に適した植物を選択できるよう知識を習得する。チームで行ってきた過去4年間に渡る実験の結果も共有。真夏に収穫できることを願い、夏野菜の種苗を植えていきます。在来種について、種子を繋いでいくこと、種の多様性についても考察します。

第6回

パーマカルチャーの基礎4「雨水利用」<実習>

日本は水に恵まれていますが、この水はどこから来るのでしょうか。屋上での水使いから資源としての生活水を見つめます。水道水と天水の違いはどこにあり、なぜ天水を活用するのか。各自の住まいでもできる雨水利用について学んでいき、みんなで屋上に天水利用設備を作りましょう。

第7回

パーマカルチャーの基礎5「日陰づくり」<実習>

光合成のためにも太陽は欠かせません。太古の生命体がいかに太陽や酸素を利用して生きていけるようになったか、地球の歴史も学びます。実習では最適な日陰を確保するためのデザインをし、パーゴラ(日陰棚)などを設置しましょう。グリーンカーテンに適した植物も学びます。

第8回

パーマカルチャーの基礎6「太陽と植物の多様性」<実習>

前回から引き続き、太陽についての考察。植物たちの太陽感受性の違いから生命の歴史を探ります。私たちの想像を超える植物の知恵や話題の「遺伝子組み換え作物」などについて生物学的アプローチで学び、透明な意見交換もしましょう。

第9回

パーマカルチャーの基礎7「天体と植物」<実習>

秋分が過ぎて、太陽と月、植物の関係はどう変わるのか。種まき、手入れ、収穫などと天体の関係を「バイオダイナミック農法」を参考にしながら学びます。植物もわたしたち人間も天体の運行、リズムによって影響を受けます。これまで学んだ知恵を活かし、春よりもやりやすい「秋蒔き野菜」の育成を各自ではじめ、実際に天体を意識した栽培を実践しましょう。

第10回

支え合いの生態系づくり、命のムーブメント

未来に向けて、都市でのコミュニティ作りについて学びます。都市の資源とは何かを10回を通じて体感し、講義で出会った人たちの関係性も深くなり育ってきているはず。その上で街での自給の可能性と、自分たちの場でのコミュニティ作りを探っていきます。学んだことを振り返り、みんながこれからどう実践するかをシェアリング。講義が終わっても、パーマカルチャーの学びは続きます。その人それぞれに合った持続可能なペースで「がんばらず」に新しい暮らしを耕していきましょう。

※講義計画は、参加者の関心とガーデンや社会の状況に応じて、必要な内容を選択するため多少変動する場合がございます。ご了承ください。

ソーヤー海

教授

ソーヤー海

☞ プロフィールを見る

norika ishida

キュレーター

norika ishida

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
実践!アーバンパーマカルチャー※満員御礼
日程

第1回:2月27日(土)10:00-16:00

第2回:2月28日(日)10:00-16:00

第3回:3月28日(日)10:00-16:00

第4回:4月25日(日)10:00-16:00

第5回:5月23日(日)10:00-16:00 

第6回:6月27日(日)10:00-16:00

第7回:7月25日(日)10:00-16:00

第8回:8月22日(日)10:00-16:00

第9回:9月26日(日)10:00-16:00

第10回:10月24日(日)10:00-16:00

定員
15名 ※scholarship(奨学金・選考) ※満席
申込締切日
2021年2月10日(水)
授業料
90,000円(税別)
scholarship(奨学金):45,000円(税別)
キャンパス

フィールドワーク : 明治神宮

第1〜10回 :  表参道 COMMUNE キャンパス

※キャンパスは、場合によって東京都内に変更になることもあります。

持ち物、服装
希望者は、ポットラックパーティー!食べ物を持ち寄ってみんなでランチを食べましょう!服装は、庭仕事ができる服装、スニーカー。
注意事項
講義は作業の進行状況により、延長する可能性があります。
受講生特典
9ヶ月を通して自由大学の表参道キャンパスの屋上に、自分たちの実験菜園が持てます。この屋上菜園には期間内は受講生ならいつでも自主的に通い植物育成をすることが可能。
コロナのリスクについて
マスク着用、手指消毒、換気の対策をした上で、実施します。もし東京都に緊急事態宣言が発令された場合に限り、オンライン講義に移行します。
お申し込みいただいた方へ
初回メールを送信しました。未着の方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望