講義情報

ナリワイをつくる【入門編/オンライン】

ナリワイをつくる【入門編/オンライン】

人生を盗まれない生き方

自由に働く学部-circle自由に働く学部
ナリワイをつくる【入門編/オンライン】

講義について

この講義では、個人レベルではじめられて、自分の時間・健康とマネーの交換ではなく、やればやるほど「仲間」と「技」が育つ仕事をナリワイ(生業) と呼びます。

組織ではなく「個人に帰属するナリワイをまずは3つ以上持つこと」を目指すための講義です。生業をうまく組み合わせて頭と身体、オンラインとオフライン、さまざまな要素でのバランスを一緒に組み立てましょう。

教授、伊藤洋志さんより
「仕事も、ほしい物も、自分でつくるのは面白い」

2015年以来なかなか時間が取れず講義をしておりませんでしたが、世の中のペースも落ち着き、金融緩和による騒乱も落ち着きそうな時節になってきました。ツールの面でオンライン配信での講義も簡単になってきたので開講してみることにしました。

また、平日昼間の開催にしました。仕事の変わり目とか学校が始まらずに少し時間ができた方など少数精鋭のご参加お待ちしております。

(募集開始日:2020年5月13日 )

みかんを収穫する教授の伊藤さん

ポストグローバリゼーション時代の滋味溢れる働き方
非バトルタイプのためのゆるやかな作戦

大正9年の国勢調査で国民から申告された職業は約3万5000種、現在の厚生労働省の「日本標準職業分類」によれば、いまや2167職種。わずか 80年程度前にははるかに多様な職業の種類があり、職の多様性も高かったわけです。また、江戸時代以前のいわゆる百姓はひたすら農業だけをしているイメージですが、実はかなりの人が兼業でいくつかの生業を持っていたことも分かってきています。

そんな多様性をぶち壊して「株式会社日本」は戦後に業種を絞り込むことで急成長しました。それが高度経済成長です。

21世紀初頭の現代、絞り込んだ産業は曲がり角を迎えました。コミュニケーション能力すら資本に還元され、仕事の多様性を失った私たちはどこへ行こうというのでしょうか。

ところで、残念なことですが、これまでの人生で知人友人の中で「うつ」になる人や過労で倒れる人が10人以上出てしまいました。その一方で、ゴミは増える一方。もう作るべきものなんてないのでは?と思うほどです。おかしいな?こんなに忙しいの、なんでだろう?と思わずにはいられません。

この矛盾の原因の一つは専業化だと思います、1つの仕事だけをやらなければならない、という考え方だとどうしても競争が激しくなったり、村八分やパワハラからの避難を難しくしてもいます。また、一つでは生計を建てるのが難しい仕事を無理やり大きくしなければならず過酷な環境になりがちです。

これらを解決する方向性は、これまでいくつか提唱されてきています。それは、藤村靖之氏が提唱する「月3万円の仕事を10個作る」であったり、宮本常一氏(「生業の歴史」など)が調査していたような複数の仕事を持つ農村の生活などでしょう。

現在、欧州で比較的堅調な社会を維持しているドイツでは十数年前までは約1割の企業が雇用者の約90%を雇っていましたが、今では65%程度になり、自営業が増えているそうです。ドイツの哲学者ハンス・イムラー氏(「経済学は自然をどうとらえてきたか」など)も、これからは新しい形の家族経営体(U2)こそが、グローバル化した社会において大きな可能性があるだろうと述べています。

すなわち、これからの仕事は、働くほど「仲間」が育ち、「生活」が充実し、心身ともに健康になる仕事でなければいけません。時折ネット広告に出てくる楽して月100万円儲かる仕事はバラ色そうですが、そういう仕事は詐欺まがいか熾烈な競争に巻き込まれるかのどちらかが大半です。騙し合いの世界やグローバル社会で全世界を相手にした殴り合いの競争をして健康が実現できるのはかなりのバトルタイプ(戦闘型)です。

ナリワイの一つ「モンゴル武者修行ツアー」にて

 

DIY・複業・お裾分けを駆使した「ナリワイ」で、現代社会を痛快に生きる

この講座は、殴り合いをしたくない人が、矛盾なく働く方法論を学ぶ講座です。「恐竜ビジネスモデル」から「微生物ビジネスモデル」への転換を図ろうというものです。

起業と言うと、大きな仕掛けやシステムが必要になってきます。そうではなくて、具体的なナリワイのタネを見つけ、対価を設定し、価値観の合う人と交換を成立させて仕事として機能させていくことを目指します。

また、無駄な支出を抑え、適量を把握すること重要です。といってもただの節約術ではさびしいものがあります。支出も減るうえに、より充実した生活ができるような方法についても学びます。トレードオフなんてけちくさい。

このオンライン講義ではナリワイつくることを目標に、みなさんと一緒に行っていきたいと思っています。

 

こんな方におすすめします

・普段デスクワークしかしていないが体を動かす仕事も持ちたい

・学生時代の研究を生かした仕事をつくりたい
(特にビジネスと距離がある社会科学や理学、農学など)

・あらゆるものをDIYするのに興味がある

・生活の変化を求めている

・小さくても面白い仕事を複数持ちたい


講義計画

全1回

ナリワイをつくる 【入門編/オンライン】

本講義は、全5回の本科のエッセンスを取り入れた入門編ですが、余談も大事にして進めたいと思います。ちなみに、2015年のフルバージョンの本科では第一回目にこのような内容を行っていました。

”「予言をしてみる」
ちなみに今から5年前の2010年は菅直人内閣が発足し、Twitterが一般化してiPhone4が発表された頃です。スマートフォンはデジタル機器好き以外にも浸透しはじめていました。2015年の今年は既にスマートフォンは一般化しつつあり、海外からの観光客が過去最高になりそうな勢いです。はたして2020年は何がおきているのか予言してみましょう。”

まさに今年が2020年です。漫画「AKIRA」の予言のいくつかは見事に的中したようで、お見事と言わざるを得ません(反面、人類はまだサイキック能力を獲得していませんが)。

実は1995年にエボラ出血熱を題材にした「HOT ZONE」というドキュメンタリー書籍があり、当時すでに飛行機網が世界に構築されつつあり、大規模な感染症の懸念は警告されていました。

アフターコロナなどわざわざ言うまでもなく、グローバル化された世界の中では、多くの人は大きなシステムの恩恵を受けており、常に大規模なアクシデントが起きることを防ぎ切ることは難しい。リーマンショックのことを覚えておいでの方はよく分かるかと思います。

とはいえ、大規模なシステムを完全否定することもまた山奥に隠遁する仙人の道で高難易度です。

しからば、通信インフラなど大きいシステムを活用はしつつ、依存しきらずすむように個々人が小さいシステムをつくり、大規模なアクシデントの影響を極力受けないような技能を身に着ける、というのが本講義の趣旨です。これは、本研究室が2005年以降、一貫して掲げているテーマです。

そのアクションは日常の中で「無駄な支出」を標的にすることからはじめます。無駄な支出とは、一つには現金でありもう一つには時間です。日常生活だけに留まらず、社会全体の無駄遣いも標的です。

どうすれば、無駄でつまらないものを削り、面白いと思えるものに変えられるか。これは、技と工夫と楽しみ方の集積である「文化」が鍵になります。

本講義は、ある面では個々人の小さな稼ぎをつくる実践的技術論でもあり、その小さな稼ぎの風景を社会で共有できる文化に高めていく文化論でもあります。

事前に課題を出します。これはやらなくても大丈夫ですが、やっておくとより理解が深まるので、おすすめです。

《当日の流れ》

・ナリワイのつくりかた(45分)
・質疑応答(15分)
・各自の課題記入(10分)
・一部を講評(15分)
・まとめ(5分)

《事前課題》「わたしの発見」

以下から少なくとも1つ選んで考えておいてください。講義当日、何人かに発表していただきます。

・この<数日間>で発見した無駄なお金と不毛な時間を理由を添えて1つあげてください
・この<数年間>で発見した無駄なお金と不毛な時間を理由を添えて1つあげてください
・これまでの人生で発見した無駄なお金と不毛な時間を理由を添えて1つあげてください

《選択式課題》「ナリワイ計画文」

今やろうとしている仕事(ナリワイ)があれば
1)やろうとする背景
2)特長
3)その効果
以上の3つの要点を押さえながら、文章にしてみてください。コツは、前向きな友人に話しているように書くことです。

・課題意図は「書いて頭を整理すること」が目的です。
・タイトルとして「サービス名(商品名)」を入れてください。
・文字数は最大1000字まで。100字、300字でも内容が伝わるなら可。
・提出方法。課題は当日、指定のフォームで出してもらう形にします。
・提出は任意でかまいません。提出しなくても参加は可能です。

 


スケジュール

講義名
ナリワイをつくる【入門編/オンライン】
日程

全1回:6月17日(水)10:30-12:00

定員
20名 ※定員になり次第締切
申込締切日
6月10日(水)
授業料
3,500円(税別)
キャンパス

初の試みとして無料ビデオ会議ツール「Zoom」によるオンライン講義です。

【講座方法について】
「Zoom」アプリケーションを使用します。

●事前にZoomのダウンロードと登録をお願いします。
(https://zoom.us/download

●参加にあたりカメラの【オン】を必須でお願いしております。

●スマートフォンでも参加は可能ですが、見にくい場合がございます。PCでの参加をお勧めします。

●zoom参加方法は、お申し込み者さまに改めて講義前日にメールにて詳細をご連絡いたします。

 

補講
当講義は、補講は行なっておりません。あらかじめご了承下さい。
その他
講師がパッケージ化された知識を提供するタイプの講義ではありません。ベースはありますが、あえて半分は行き当たりばったり要素を含んだものになります。