講義レポート

新年の目標で「日常生活を見直ししたい」と目標を立てた人も多いのではないでしょうか?

食べることは全ての基本になります。自分のライフスタイルを見直すきっかけは、1日のリズムをつくる朝ごはんがポイントになってくるのではないでしょうか。今回は「朝ごはん学」の6期までの卒業生たちはどんなふうに朝ごはんの楽しみを見つけているのかいくつかご紹介します。

breakfast_20140109_01

「ラピュタパン」ブーム
宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」に出てく食パンの調理法がFacebookのグループ内で盛り上がりました。その火付け役は5期生の朝ごはん写真。基本は食パンの上にハムとチーズ、そして目玉焼きを乗せるのですが、その上にブラックペッパーやピンクペッパーを乗せたりして個性を競い合っています。期によって納豆やパンケーキ、民芸の器や北欧食器などブームが巻き起こり新しいことを知るきっかけにもなっているようです。
breakfast_20140109_02

4期生卒業制作「カフェで朝ごはん」
4期の卒業生が東京都立川市にある「クラウドカフェ」を貸し切り、朝ごはん会を開催しました。4期生は料理の仕事に携わる人が多く、アイデアも豊富なので自分たちでメニューを組み立てて理想的な朝ごはんをつくってくれました。料理にちょっぴり自信がなかった人もイベントを通じて作る楽しさを仲間と共有できたようでした。
breakfast_20140109_03

「朝ごはん学」発のメディア
1,2期生が中心となって「みんなで朝ごはん」というzineをつくりました。朝ごはん学の受講前、受講後の写真とどんな風にして朝ごはん時間を過ごしているのか綴っています。日々の経験からあみ出した朝ごはんを食べるためにTips集も掲載。そこから派生したFacebookページ「みんなで朝ごはん」は卒業生全員でつくる朝ごはん時間をもっと楽しくする情報を発信しています。もっとおしゃれな朝ごはんのヒントを知りたい!という方は「Good Breakfast」がおすすめ。フルタ教授や卒業生の選りすぐりの写真を掲載しています。

「世田谷パン祭り」のツアーガイドとして活躍
昨年で3回目を迎えた「世田谷パン祭り」でも卒業生が大活躍。パンに関するいろいろな知識が深められる「世田谷パン大学」の人気コンテンツ、世田谷区内のパン屋さん巡りツアーの企画兼ガイドとして参加者を楽しませてくれました。日頃、美味しいパン屋さん情報を交換しあっているのが役に立ったのかもしれませんね。
breakfast_20140109_04

自由大学祭2013
昨年の12月8日に開催された「自由大学祭2013」にて朝ごはん学の卒業生による展示を行いました。卒業生たちが毎日つくっている朝ごはんのメニューをレシピカードにして配布したり、「ティファニーで朝食を」の顔はめパネルでなりきりオードリー・ヘップバーンになったりと多くの方に朝ごはんの楽しみ方を披露しました。
breakfast_20140109_05

この他にも合同同窓会や週末の朝ごはん会などを企画しては定期的に集まって情報を交換したり、Facebookグループ内では相変わらず毎日朝ごはんの写真がアップされています。写真を撮影することで自分の食事に客観性が芽生えてくるようです。「朝ごはん学」の3回目に開かれる管理栄養士の笠井さんのお話を聞くと、みんなバランスの良い食事の摂り方や栄養を気にするせいか、メニューが変化するのも毎回印象的です。これからも卒業生の動きを見守っていきたいです。

(text:「朝ごはん学」キュレーター 岡島悦代)



関連する講義


関連するレポート