講義情報

Culture Entrepreneur(Chap:耕す)

新講義

Culture Entrepreneur(Chap:耕す)

個の美意識からスタートする文化的な起業学

自由に働く学部-circle自由に働く学部
Culture Entrepreneur(Chap:耕す)

講義について

Culture Entrepreneurとは

ただ単にお金儲けができるのか?マネタイズしやすいビジネスモデルか?伸びているマーケットか?スケールして上場までもっていけそうか?という問いからはじまる起業ではありません。

「仕事は自己表現の一つ。」
こんな言葉を耳にしたことありますか?
世界的に幸福度の高いアメリカのポートランドや北欧各国を旅をして回っていると、”個”がしっかりとそれぞれの色を出して、一人の表現者として仕事や暮らしをしている風景をよくみかけます。
しかし、今の日本を俯瞰してみてみると、自分自身の個性や色を発揮しながら働きたいけれど、現実は忙しさに忙殺されてしまうというギャップに矛盾を感じている状況をよくみかけます。
こんな経験は、誰しもが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

この講義の名前にもなっている「Culture Entrepreneur」は、聞きなれない言葉かもしれませんが、「Culture=自分の文脈を作り広げていくこと」と「Entrepreneur=起業家」を掛け合わせた造語です。
物事の優先順位としてお金の力ではなく、個人の美意識からはじまる文化的な活動から共感のムーブメントを創り、世の中に影響力を発揮させながら、経済的なマネタイズも可能にしている人たちが世界には散らばっています。
ここでの美意識とは、ファッションなど外見的なものへの価値観や、アートへの価値観など狭義的なものではなく、各個人に由来する良し悪しを判断する価値観のことを指します。

個人の価値観を構成する美意識やこだわりから事を起こすことで、経済的指標で言うところのニッチ市場をカルティベイト(耕す)する行為の連続がCulture Entrepreneur。
自分のことを掘り起こし、それを再定義をして文脈を作っていきます。
つまりそういった初期設定で何かをやっていると「仕事」が「私事」になり、「商い」が「飽きない」になっていくというわけです。
こだわりがあるから、誰もが不利だと思うところに挑戦したり、トレンドに左右されない独自性が
あり、自分ごとの経済活動がゆえに長く続いていくことで、結果的に文化を興していきます。

スウェーデンの2人組のコーヒーロースター「Stockholm Roast」もそんなCulture entrepreneurの例です。

サードウェーブコーヒーが世界的なブームとなっている昨今、彼らは、ただコーヒーが好きだからコーヒーを突き詰めてロースターとして事業展開するのではなく、今のコーヒーの文脈を考え、コーヒーを「食の一部としてのコーヒー」と再定義し、コーヒー独自の世界から食の世界に幅を広げてコーヒーを広めるといった売上げだけに固執していないビジネスマインドで起業しています。

経済性が高そうなビジネスモデルに合わせて自分の身を捧げて起業することもできますが、そのビジネスモデルならばきっと気持ちが続かず、ビジネスも続かないでしょう。

そうではなく、自分の美意識、情熱、探求心、衝動から個の色が見える仕事をつくっていきましょう。
個人の想いや美意識から生まれたは、共感を呼び自分が想像もしなかったものを創造することができるかもしれません。
目先のお金や金銭的な自由を得ることに囚われずに目線をその向こうへ向けるとどんな景色が見えますか?

このような文化的なビジネスを目指していきます。

もし自分に合う仕事がなかったら、作ってしまいましょう。時代が変われば、新しい仕事が必要になってきます。新しい可能性を求めて、新しい仕事を創業する可能性が出てきました。それには、どんな心構えと、どんな能力が必要で、どんな組織をつくったり、どのようなことをしていけばいいのでしょうか。それら全ての事はなかなか今までの学校では学べません。

自分の新しい生き方としての仕事。新しい仕事を考えてみよう。仕事を探すのではなく、仕事をつくろう。仕事を創業しよう。新しい会社を作ろう。

 

耕す、化かす、伝播

「Culture Entrepreneur」は3部構成の起業プログラムです。3つパートでこれからの起業に必要な精神を養い、プログラムの中でもアクションを起こしはじめていきます。今回の第1パートのテーマは「耕す」。まずは自分自身を耕し、自分の美意識、情熱がどこにあるのかを掘り下げ再確認し、あなたがやろうとしていることを固め、ファーストアクションを起こします。そして、第2パートの「化かす」、第3パートの「伝播」へと続きます。

価値観を共にする受講生のコミュニティがあることで、刺激しあい、ブラッシュアップされ、磨かれていくでしょう。

Culture Entrepreneur(Chap:化かす):11月18日(土)、12月2日(土)、12月16日開講予定

Culture Entrepreneur(Chap:伝播):2018年1月下旬〜2月開講予定

 

申し込みについて

この講義は通常の講義と異なり、選考があります。こちらのフォームより事前エントリーをお願いします。選考後、該当者の方へ本申し込みのご連絡をいたします。(エントリー締め切り8月23日(水)、選考通知予定日8月28日(月))

 

キックオフイベントを開催します

「Culture Entrepreneur」の開講に先立ち、トークセッションを開催します。受講を検討している方はどうぞご参加ください。

【開催概要】
日時:2017.08.09 Wed 19:30-21:00
場所:IKIBA (COMMUNE 2nd内)
住所:東京都港区南青山3−13
参加料:2,000円 (食事、1drink付き)
定員:20名
申し込み方法:こちらのフォームからお願いします。

Facebookのイベントページで随時情を更新していきますので、合わせてご覧ください。

こんな方が対象です

・個を全面に出したことを立ち上げたい方

・お金儲けの文脈以外で何かを成し遂げたい方

・今までの文脈のモノ・コトをアップデートしていきたい方


講義計画

第1回

リファイン1

第1、2回目は起業のためのベースをつくります。自分を掘り下げ、それを可視化します。そして、そこから未来予測をし、ストーリー化していきます。

第2回

リファイン2

第1、2回目は起業のためのベースをつくります。自分を掘り下げ、それを可視化します。そして、そこから未来予測をし、ストーリー化していきます。

第3回

ビジネス×カルチャー

COMMUNE 2ndや青山ファーマーズマーケットを手がけるMEDIA SURF COMMUNICATIONSのメンバーをゲストに迎え、カルチャーとビジネスを掛け合わせたアプトプットについて世界的な動向も含め考えていきます。

ゲスト予定:松井明洋、國崎泰司

第4回

ブラッシュアップ

自分がやろうとしていることをストーリー化したものをさらにブラッシュアップしていきます。

 

第5回

ストーリーアウトプット

ストーリーの最終発表会。小さなアクションをはじめていきます。

本村拓人

キュレーター

本村拓人

☞ プロフィールを見る

岩井謙介

キュレーター

岩井謙介

☞ プロフィールを見る

佐藤大智

キュレーター

佐藤大智

☞ プロフィールを見る


ゲスト

松井明洋(MAT.)

キュレーター

松井明洋(MAT.)

☞ プロフィールを見る

國崎泰司

キュレーター

國崎泰司

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
Culture Entrepreneur(Chap:耕す)
日程

第1回:9月 9日(土)10:00-12:00

第2回:9月 9日(土)13:00-15:00

第3回:9月30日(土)10:00-12:00

第4回:9月30日(土)13:00-15:00

第5回:10月14日(土)10:00-12:00

定員
15名
申込締切日
エントリー締め切り 8月23日(水)
授業料
55,000円(税込)
キャンパス

第1,2回 表参道 COMMUNE 2ndキャンパス、第3,4,5回 永田町みどり荘(GRID5階)

 

申し込みについて
上記の「申し込みについて」をお読みいただき、事前エントリーをお願いします。選考後、該当者の方へ本申し込みのご連絡をいたします。

現在申し込みを受付けておりません

次回開講日程を問い合わせる