講義情報

地域の魅力発信学

新講義

地域の魅力発信学

「好き」で街と人をつなぐ

創り伝える学部-circle創り伝える学部
地域の魅力発信学

講義について

自分の「好き」×地域の「魅力」で、ローカルの価値を高める
好きなモノ・コト・人・店、ひいてはそれらが根付く地域や街や国を情報発信して応援したい人向けに、自分オリジナル視点で魅力を発見して伝えるスペシャリストになるための講義です。

その地域が本来持っているポテンシャルを、最大限かつ魅了的に引き出し、高め、発信し、共感を得る。情報を発信した先に、地域の人たちに幸せや利益をもたらすことは何かを学びます。

「バズる」とは対極にある講義
持続可能な開発目標SDGsが叫ばれ、サステナブルな動きが世の中で広がる中、情報発信においても同じような取り組みが必要と感じます。SNSでいいねの数や、いかにバズるかといった目先だけの利益が先行すると、その情報は目には留まるかもしれませんが、心には残らない「使い捨て」の情報に。ただの流行や一時的なブームに終わらないようにするには? 時代が変わっても、ブームが去っても、人の心に残る真の魅力、真のファンを作る情報発信を行うことがこれからは必要なのではないでしょうか。

旅に行けない今。だからこそ高まる、地域の魅力を発信する必要性
地域・街・国を「好き」の気持ちの独り歩きではなく、「好き」を原点にして情報発信をした結果、地域貢献・町おこし・地方創生・魅力再発見につながる活動で、周りの人や街にハッピースパイラルを起こせることも見据えています。

どのような発信方法、表現方法がよいのかゴールを見越した上で、魅力の伝え方のスペシャリストとして、結果的に人と街を繋ぐブリッジ役になることが求められています。

<この講義の魅力>
企画・取材・編集・発信の総合力で、その先の地域おこしにつなげる
1億総表現者の時代と言われ、誰でも情報発信ができメディアを持てる今、溢れる情報の中で、価値ある情報を発信するには総合力が必要です。企画、実行力、人を巻き込む力、取材術、伝え方、切り口、調整力、編集者の視点、プロデューサー的観点…etc 挙げれば切りがないほど。

ましてや、情報発信媒体は増えボーダーレスとなり、紙面、WEB、SNS、イベント、コミュニティ作りなど、媒体から場作りといった多面的な展開が必然となってきました。全体を見通す力を持った上でバランス良く調整し、条件や状況によって、アメーバのように方法や形やチームを変え、柔軟に対応できる総合力とは何かを知りましょう。

プロから直々に学ぶ、取材や編集の極意
第一線で活躍するトラベル雑誌編集長と文筆家のゲスト教授をお招きして、プロの技・極意を直々に学べるのは貴重な機会です。心で感じたことや、目に見えているが形のないものを、いかにして分かりやすく魅力的に伝え、人の心に届けるか。プロの視点を間近で感じ取り、より深いレベルの学びを得ましょう。

企画から始まり、ゴールまでを設定し、それに見合った取材対象の選定方法や見つけ方、取材・編集などについて学び、一本軸が通った情報の届け方を目指します。

発信して終わりではない、伝えて満足ではない。届けたい人に届け、その結果、その地に人の訪れをもたらし、地域の人たちへ利益や幸せをもたらす、全体プロジェクトとして俯瞰的に捉える視点も必要性も学べます。

自分の「好き」と「強み」を活かす。オリジナリティを目指そう
特定の地域・街・国への愛と応援する気持ちを言語化・具現化し、ご自身が持つ偏愛の心を、独自の目線・切り口・方法で地域をより魅力的に伝える力をつけましょう。

5回の講義計画は、企画・取材・編集・伝える・広げるといった、実際に情報発信する流れに沿って、時にワークを行いながら実践的に学びます。好きな物が特にない、強みがないと思われている方にとっては、自分の「好き」を見つける力・育てる視点も発見することに繋がります。好きを深めて、自分にしか作れない世界観も見つけます。

<キュレーター林 花代子さんからのメッセージ>
情報の切り貼りではない、愛を持って地域を応援
何が正解か分からないまま、挑戦と失敗を繰り返しながら、私自身がただただ「好き!」の気持ちだけで大好きな国・マルタ共和国の魅力を発信し続けて9年。その活動から、自分が見聞きした物、自分が体験した事を、自分の言葉で「第一次情報発信者」として最大限に魅力を表現し発信することの大切さを感じます。

同じく、好きな地域や、応援したいふるさと、そこに根ざす物・人・事・お店などを盛り上げたい純粋な気持ちを持つ方々へ。【取材・編集・執筆・発信の力】で、魅力を伝える楽しさを一緒に見つけていきましょう。誰かがどこかで言っていた情報をコピペするのではない、愛あるゆえの自分にしかない視点や強みの発見にもつながると嬉しいです。

(第1期募集開始日2021年4月19日)

こんな方が対象です

・好きな地域(国、街、場所、お店、人、事、物など)を、自分の言葉で魅力を人に伝えたい

・魅力の伝え方、掘り下げる取材の仕方、編集など情報発信の総合的なスキルを学びたい

・特定の地域に関する発信力を高めたい、プロジェクトを起こして地域を盛り上げたい

・自分の好きと強みを活かして、ブリッジ役として人や地域の役に立ちたい

・愛を持って応援し、魅力を発見し伝えることで、地域活性やその場所に貢献したい

キュレーター林花代子さんよりメッセージ


講義計画

第1回

目的と「好き」を掘り下げ、自分オリジナルのユニークな企画を立てよう

なぜ好きなのか、なぜ伝えたいのか、誰に何を届けるのか…まずはその地域を「好き」な気持ちの真ん中にある軸を突き詰め、情報発信やプロジェクトの前に、明確な全体設計図となる企画を立案しましょう。「好き」を原点に、地域の問題解決や価値を高めることを目指します。

・自分が好き、伝えたい、広めたい、応援したい”推し”の地域、物、店、人の掘り下げ
・伝えたい対象の材料集め、リサーチを行うために必要なこと
・誰に何を伝えたい? 企画の軸となるターゲット・メッセージを考えよう
・伝えるための独自の切り口、伝えた結果のゴールとコンセプトの設定

第2回

〜プロから学ぶ〜地域に根ざしたその土地らしさ、個性を引き出す企画・取材・編集

何度も足を運び交流しながら、地域の人と同じ目線で物ごとを見て体感。時に他者視点で俯瞰的に編集し、独特の発想で切り取り、デザインの目線を持って作り上げる。実際に制作しているトラベルガイドを用いて、編集長から直々にその手法を学びます。

・編集の考え方、地域の魅力を伝える一連のプロジェクトをふまえての取材対象の選び方
・地元愛を持ってその土地らしさ、ローカルの魅力を伝えるには
・テーマを設けて、取材対象を選ぶグループワーク
・グループ発表とゲスト教授からフィードバック

第3回

〜プロから学ぶ〜自分の世界観の作り方と、「好き」のフィルターを通した取材・編集

人の価値より、自分の価値で、地域の魅力を発見する力をつけましょう。何にもないと思い込んでいる土地にこそ、そこにしかないものがきっと溢れている。地域の新たな付加価値を見つけて長く愛される土地へと魅力を高められる、自分の世界観の作り方、審美眼の育み方を学びます。

・自分だけの「好き」の見つけ方・掘り下げ方
・本人(地域やお店の人)が気づいていない、魅力を発見する(=一次情報者になる)には
・「誰に向けて届けるか」ターゲット・ペルソナと、自分の世界観のバランスの取り方
・取材前にすること・しないこと

第4回

取材〜執筆〜編集の流れを体系的に実践して学ぶ

第2回・3回の学びを踏まえて、情報を記事にするライティングを実践。限られた枠の中で、必要な情報と魅力を届けるには? 削ぎ落とす作業を経て、伝わる文章を紡ぎます。集めた素材の組み立て方、ラフへの落とし込み、取材でとっておきの情報を引き出すコミュニケーションについても学びます。

・自分が伝えたい想い、他人が伝えたい想いを混同しない編集視点を持つ
・より魅力的に伝えるために。オリジナリティの軸がぶれていないか?
・ZINE制作を想定して…台割、ラフ制作、執筆の流れを学ぶ
・足で稼いで地元を知る情報収集、心を掴み開かせるインタビューとは

第5回

多角的に情報を届けるための展開方法を考え、伝えて・広げる

バズる、映える…表面だけの数字に踊らされないコンテンツとPRのバランスを考えます。伝えて終わり、ブームを起こして終わりではありません。本当に必要とする人に届き、目的の達成までも見届け、継続的なつながりと地域への恩返しができてこそ、地域情報発信のゴールです。

・書くor話す、紙orWEB、写真or動画…どの手段がより伝わるか? 媒体を考える
・自分はどんな人で何を伝える人? 自己の価値も高めながら信頼を得る大切さ
・お金をかけずにどう広げるか、資金と活動、応援と貢献のバランスを考える
・ファンは量より質。表面上のファンではなく本物のファンを増やす

林 花代子

キュレーター

林 花代子

☞ プロフィールを見る


ゲスト

神藤 秀人

D&DEPARTMENT PROJECT『d design travel』編集長

神藤 秀人

☞ プロフィールを見る

甲斐 みのり

文筆家

甲斐 みのり

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
地域の魅力発信学
日程

第1回:6月7日(月)19:30–21:00

第2回:6月14日(月)19:30–21:00

第3回:6月21日(月)19:30–21:00

第4回:6月28日(月)19:30–21:00

第5回:7月5日(月)19:30–21:00

定員
12名  ※定員になり次第締切
申込締切日
5月31日(月)
授業料
28,000円(税込30,800円)
キャンパス

表参道Commune キャンパス

持ち物
筆記用具
教材費
・テキスト代は、授業料に含む。
・第2回講義の使用テキスト『d design travel 茨城号』(https://www.d-department.com/item/2018000100120.html)をすでにお持ちの方は、『d design travel』バックナンバーから交換可。その場合『d design travel 茨城号』の金額と差額があっても、差額のお戻しはありません。交換を希望しない場合も、差額のお戻しはありません。
補講について
・翌週講義開始前30分程度でおさらい。補講振替は1回のみ。
・第2回、第3回講義については、補講はありません。
連絡や課題提出について
課題の提出やフィードバック等で「facebookの非公開グループ機能」を使用します。facebookアカウントをお持ちでない方は、講義初日までに登録しておいてもらえるとスムーズです。
コロナのリスクについて
マスク着用、手指消毒、換気の対策をした上で、実施します。ただ万が一、政府より中止要請された場合に限り、オンライン講義(ZOOM)に移行します。