講義情報

コミュニティ創造学

新講義

コミュニティ創造学

熱量の高い「場づくり」の哲学と技術をマスターする

自由に働く学部-circle自由に働く学部
コミュニティ創造学

講義について

新しい時代は、自分で共同体をつくって自由に生きる


どうしたら熱量の高いコミュニティをつくりあげることができるか。立ち上げと成長の施策を考えていきます。実際に場のハブとして活躍しているゲスト教授を招き、知恵を得て、アイデアを交換しましょう。

「熱量の高いコミュニティ」と「すぐに繋がりが薄れてしまうコミュニティ」の差はどこにあるのだろう? 参加者の立場として、主催する側として、人の集まる場に関わってきた中で長年持ち続けていた問いが、この講義をはじめるきっかけでした。

生まれた時から、わたしたち人間はコミュニティを求めています。
コミュニティには、大きく2通りあります。

①固定コミュニティ:家族、親戚、地元、学校、会社…
②選択コミュニティ:趣味、ボランティア、複業、シェアオフィス…

いま、前者の「固定コミュニティ」が希薄に、流動的になってきているのを、あなたも実感しているかもしれません。

例えば社会現象として、こんなことがありますよね。

・核家族、ひとり暮らしが増え、親戚づきあいが減っている
・墓参りをしない、そもそも墓を持たない人が増えている
・会社でも終身雇用がなくなり、転職が増え、つきあいが浅くなっている
・お中元や年賀状などの慣習もなくなりつつある
・土地に縛られなくなり、多拠点居住など多様な住まい方が増えている
・地元のお祭りも減っている
・都会ではマンションの隣人に挨拶もしない…

このように、従来のつながりが希薄になっている。とは言っても、古来から人間がコミュニティを求めるという本能は変わりません。

 

場のハブとして「同志的結合」を編集していこう

固定コミュニティが希薄になっていくに従って、これからは自分で求めて「選択コミュニティ」に加わる or 自分でつくる時代です。できればコミュニティは4〜6つに属すると足場が安定し、わたしたちは精神力も行動力も最大化できるという研究もあります。

ベンチャービジネスの分野でも、マネタイズから考えるのではなく、まずユーザーのコミュニティをつくることから始めるアプローチが増えています。世界的企業ではfacebookもAirbnbも日本では「ほぼ日」もそうですね。従来のビジネスは、とかく「何を売るか」から始まりましたが、今がんばっている会社は、ほとんどがオンラインでもリアルでもコミュニティづくりに力を入れています。何を売るか、どう稼ぐかを決めずに、まずユーザーを集め純粋に一緒に楽しむところから始まっている。「人が集まるところには、後から何かしらビジネスを生むことができるだろう」というわけです。

従来のようなクローズド型ですべて自前でやろうとする会社は、行き詰まっています。閉じずにひらくことが大切です。伸びている会社やお店は、ユーザーと一緒に商品開発にいそしんだりして、会社とお客さんの境界は溶け出して、まるで同じチームのように一丸となっています。

例えば、感度の高い都市生活者から注目されている「青山ファーマーズマーケット」があります。いまや毎週土日で平均3万人集まる市場になっていますが、テントの設営など運営のボランティアグループが千人もいて、荒天の日でも屋外で嬉々として活動しています。

「シェアの時代」と言われ、シェアオフィスも乱立していますが、いまは立地や設備のハード面ではなく、どんなカルチャーがあり、どんなメンバーが働いているのかというコミュニティの質で選ばれるようになりました。

出版業界のビジネスモデルも変わってきていて、これからはいかに読者のコミュニティをつくれるかにシフトしています。小説家も一定数の読者コミュニティがあれば、出版社を経由する必要もないし、商業主義に魂を売ることなく好きな表現を続けていくことができます。

ミュージシャンも、古くはグレイトフルデッドのように、熱烈なファンたち(デッドヘッズ)のコミュニティが活動の基盤を支えています。

趣味やプライベートだって同志がいれば、プラスに働きます。ランニングや英会話もモチベーションの高い仲間がいることで挫折せずに続けられるし、ボランティア活動や勉強会も自分を成長させてくれます。

 

場づくりの哲学と技術を学び、実践する

「似た趣味」を持つ人たちが繋がる「同志的結合」を生み出し、 コミュニティを編集していくにはどうしたらいいのでしょうか。情熱だけあっても、これはなかなか一筋縄ではいきません。きっとあなたも失敗経験があるのではないでしょうか。

・求心力のある文化がなく、人が集まらない、定着しない
・お互いのことを知ろうとせず、深い交流やコラボが生まれない
・コミット度合いがバラバラで、プロジェクトが進まない

など、どこも陥るこのような壁をどう乗り越えるか、ゲストを交えて一緒に考えます。

あなたが「コミュニティ創造スキル」を身につけることができれば、仕事でも趣味でもよりよく生きる武器になることでしょう。結局、社会を動かしているのは一人の天才ではなく、同じ方向に進むコミュニティなのですから。

充実感とは、「自分以上の何か大きなものに対して貢献できた」と実感できた時に得られるものです。リアル、オンライン問わず、熱のある場をつくる人が増えれば、グループの力で世界を少しでも面白いほうへ前進させていけるはずです。

 

(第1期募集開始日:2019年5月1日)

●こんなかた向けの講義です

・活性化したいコミュニティがある

・まだ具体的ではないけど、コミュニティを主催したい

・多くの人と関わりサポートすることが好き

・みんなの力を集めると大きなことも実現できると信じている人

●学べること

・目的を明確にしてコミュニティのデザインをおこなう方法

・良質なコミュニティの要件を知る

・コミュニティマネージャーに必要な資質を知る

・自分の目標を定め、達成のためにアイデアを出し実行する流れを知る


講義計画

第1回

コミュニティの価値と可能性

コミュニティをつくる目的を考えずに人を集めても、漠然とした集団になってしまい、求心力は醸成されません。さまざまな事例や研究を元に、何を目的にコミュニティを作るのか。コミュニティの価値を上げるために、自分がどんな役割を果たす必要があるのかを考えます。コミュニティオーガナイザーは人への好奇心が不可欠。でも人とのコミュニケーションの取り方や盛り上げ方の正解は1つではありません。自分の好きと得意を掛け合わせて、自分らしいコミュニティオーガナイザー像を固めましょう。

課題:何かひとつ、第5回講義までにコミュニティの種をまきましょう。例:身近で小さなイベントを主催するなど。

第2回

コミュニティマネージャーの役割

ゲストに迎えるのは日本最大のクラウドファンディングCAMPFIREでコミュニティマネージャーを務める山中ファンキー直子さん。自然の流れに任せるだけでなく、なぜコミュニティをマネジメントやファシリテーション(導いていくこと)をする必要があるのか。コミュニティを運営、育成する役割の必要性や、見えない裏側で何を行い、どのような効果を発揮するのかをお聞きします。目的を持ってコミュニティを運営する以上、目標設定や効果測定も不可欠。コミュニティにおいて運営者が果たす役割、もたらす様々な価値を具体的に考えていきます。

ゲスト山中直子さんインタビュー記事など
強みを生かして働くために。フリーランスからベンチャーへ「ジョイン」した理由
CAMPFIRE広報の必勝法。キーワードは「スピード・無茶振り・リスペクト」

 

第3回

コミュニティを立ち上げ育てる

東京タワーの近くでバーを経営する湯川さんをゲストに迎え、店という場を使ったコミュニティづくりを学びます。仲間を増やしながらも、コミュニティの濃度を薄めない仕組みづくり。排他的にならず、でも軸のぶれない集団を育てる方法をお聞きします。どんな人を、どのような方法で集めるか。コミュニティを育てていくか。自分の立ち上げるコミュニティをイメージしながら考えます。

 

第4回

コミュニティから価値を生み出す

自由大学のきょうだいである「みどり荘」。立ち上げから参画し、運営を担う小柴美保さんを招き、緩やかなつながりの中で自律、分散、協調するコミュニティをオーガナイズする方法について考えます。同じ場にいても、それぞれが異なるビジネスをおこない、国籍も思想もさまざまなメンバーが集まるシェアオフィス。個人や集団をどう有機的に繋げるか。ハードとしての場の提供に留まらず、第三者としてはたらきかけることでメンバー同士のコラボレーションなどから新たな仕事が次々と生まれていることで注目を集めています。ただ物理的に近く、同じフロアにいるだけでは生まれない、コミュニティから新たな価値を生み出すにはどうするかをお聞きします。

ゲスト小柴美保さんのインタビュー記事など
「働くとは何か」を自由に考える、ちょっと変わったコワーキングスペース。
 ワークプレイスに”奇跡”が加わり、”生態系”が生まれる
「個人が主役になる」時代 シェアで働き方はどう変わるのか 

 

 

第5回

実践報告と今後のプランを検討

第1回の課題の途中経過、今日までに実践した内容を発表します。講義で学んだことを活かし、どんな仮説を元に計画を立て実行したか。思い通りになったこと、想定外の出来事など、体験を通して得た学びを共有します。卒業後に、自分の作りたいコミュニティを創造する土台を固めましょう。

むらかみみさと

キュレーター

むらかみみさと

☞ プロフィールを見る


ゲスト

山中 ファンキー 直子

コミュニティマネージャー / 株式会社CAMPFIRE 事業推進室

山中 ファンキー 直子

☞ プロフィールを見る

湯川史樹

ダイニングバー「変幻自在」店主

湯川史樹

☞ プロフィールを見る

小柴美保

みどり荘オーガナイザー

小柴美保

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
コミュニティ創造学
日程

第1回:2019年6月4日(火)19:30-21:00

第2回:2019年6月11日(火)19:30-21:00

第3回:2019年6月18日(火)19:30-21:00

第4回:2019年7月2日(火)19:30-21:00

第5回:2019年7月9日(火)19:30-21:00

定員
12名 ※定員になり次第締切
申込締切日
5月31日(金)
授業料
28,000円(税別)
キャンパス

表参道 COMMUNE 2ndキャンパス