講義情報

都市型サーキュレーションライフ学

新講義

都市型サーキュレーションライフ学

参勤交代だからできる、新たな循環をつくる暮らし方

自由に働く学部-circle自由に働く学部
都市型サーキュレーションライフ学

講義について

地方に住み、都心に出勤するからできること

都心での暮らしは便利で刺激的。人との出会いや、情報、物が溢れています。仕事も楽しいし続けたい。でも、ふと「これでいいのかな」と立ち止まりたくなる時がありませんか?自分のキャリアや子育て、家族にとって良い環境ってなんだろう……都会の便利で消費欲求を満たしてくれる暮らしを続けるのか、思い切って自然環境が豊かな田舎暮らしを始めるのか。人生の岐路に立つ大きな選択をするには、何か犠牲を伴わなければいけないのでしょうか?しかし、そこは柔軟性を持ってクリエイティブな精神を発揮すれば乗り越えられるのです。

今回は、品川から新幹線で40分(最短30分)の熱海を舞台に「都市型サーキュレーションライフ」の実践者や、地元の方々の交流を通じて、あなたの理想に叶うライフスタイルを考え、次のアクションに結びつけていきます。

都市型サーキュレーションライフとは?

IターンやUターンをして、地方で理想の暮らしを手に入れる生活が話題となって久しいですが、実は東京への人口流入は年々右肩上がり。仕事を求めて多くの人が地方から東京へやってきます。しかし大学から上京し、そのまま東京で就職した“王道組”の中には「東京に家を買って暮らし続ける」とか「東京で子供を育てる」という未来が想像できない人もいるのではないでしょうか。

東京には仕事がある、情報もある、そして多くの出会いがある。しかし、生活に根ざしたコミュニティや子供にとっての(大人にとっても)消費されない「遊び場」が少ない。その反面、地方はコミュニティや遊び場があっても仕事の選択肢が少ない。でも、仕事の楽しさを言いわけにして、地方と東京のメリットとデメリットを掲げているだけでは、きっと何も変わらない。
今の仕事を続けながら地方に住む「都市型サーキュレーションライフ」の実践者となることで、自分の人生で何に価値を置きたいのか、理想の未来がよりハッキリと描けるようになるでしょう。

実は「都市型サーキュレーションライフ」は会社員ほど向いています。「会社勤め=自由がない」と思いがちですが、反面、アドバンテージもある。
熱海から東京へ通うのに、毎月約8万5000円を個人で払うのはなかなか難しいですが、会社員であれば、交通費を全額とはならないまでも、6〜7割の負担をしてもらえる可能性は高いです。会社と膝を突き合わせて交通費の相談、交渉をすることで自分の「本気度」も確認できますし、会社が自分にどのくらい価値を感じているのかも実感することができるでしょう。

人生設計期間を意図的に設ける

これからますます働き方が多様化し、社会構造が大きく変わることが予測される中で、自らが実践者となり、さまざまな経験を積むことが自分の可能性を広げることに繋がります。
「次」を見つけるための連鎖を起こす。それはこの「循環」から生まれると思っています。その上で会社に勤め続けるという選択をするのもいいですし、新しくやりたい仕事を実践するのもよし。
何か別の仕事を立ち上げられる可能性は地方のほうが大きい。外側の視点をもって地方を見ると、意外な需要が見えたり、そこで自分のスキルが役立つことがあるからです。
東京ではお金で解決できても、地方では通用しないことも多いです。だからこそ難しさはありつつも、その事業やコミュニティに責任を持った関わり方ができます。

この講義のキュレーターを務める水野綾子さんは、現在2人のお子さんを育てながら3人目を出産予定です。現在は東京で編集やPRの仕事をしながら、実家のお寺を地域コミュニティのハブとなるようリデザインすることに取り組んでいます。東京で培ったセンスやコミュニケーション能力や人脈を、地域の課題解決に役立てていく。自分が持っている能力を住む地域に還元して、新しい活力を生むことが「都市型サーキュレーションライフ」の最大の面白さといえるのではないでしょうか。

 

夫婦で都市型サーキュレーションライフを実践している
キュレーターの水野綾子さんより

現在の仕事を続けながら実家のお寺を継ぐにあたり、家族で熱海へ移住したのが今年の4月。東京と物理的な距離感を保てることで、自分と向き合う時間も増え、精神的にも良いバランスを保てるようになりました。
とはいえ、夫は最初から熱海と東京を毎日新幹線通勤するライフスタイルにOKを出していたわけではありませんでした。「子供は東京以外で育てたい」という方針は同じでしたが、熱海から毎日東京に通うなんてムリ!と、当初平日は東京のワンルームで暮らし、週末熱海に通う「二拠点生活」をする、と言っていたのです。

ですが、東京でワンルームを借りる値段と、熱海からの交通費はさほど変わらない。子供たちは平日にパパに会えなくなるし、私も日々の暮らしを夫と共有できなくなる。夫だけ二拠点生活をすることに、何ひとつメリットを感じられなかったのです。

まずは一度やってみよう、だめだったらワンルームを借りたらいい。ということで始めた主人のサーキュレーションライフ。半年経ったいまでは(主人の頑張りが前提にあるのはもちろんですが)、時間に制限があることで効率を意識し、東京にいた頃よりも帰宅が早くなり、毎日趣味のDJを楽しみ、週末は子供たちと海に飛び出していく熱海ライフを満喫しています。講義の中で、夫をどのように説得したのかも披露しますのでお楽しみに。

(第1期募集開始日:2017年8月21日)


講義計画

第1回

東京以外の選択肢を考える。自分や家族にとって幸せな生活、働き方って?

自分や家族にとって、どういう暮らしや働き方が理想なのかを改めて考えてみましょう。現状への不満や不安を言語化し、理想の生活や働き方を可視化します。また、熱海というまちについて現状や良さ、課題などをご説明するにあたり、起業家や実際に熱海と東京間を行き来する実践者や移住者を紹介します(実際のゲストとしてご登場いただくのは第2~4回を予定)。その上で、自分が思う理想の働き方、暮らし方を提示してもらうとともに、それを実現するためには何が必要か?どういう情報やモノ・コトがあったら一歩踏み出せるか?を洗い出してもらいます。

※スカイプ参加可能

第2回

熱海ライフを見に行こう。熱海の今と、暮らし・働き方のいろいろ

熱海に実際に足を運び、熱海の背景の説明から、観光+観光以外の「熱海」を見に行きます。ゲストハウスmaruya、コワーキングスペースnaedocoなど今動いている熱海の様子や、熱海で働き暮らす人たちの様子を見に行きます。

※子連れ参加可能

第3回

熱海ライフを見に行こう。熱海で働くって?新しい仕事や動きを作る

熱海で新しい動きを起こしている人、事業を起こす人に、どうして熱海なのか?などを聞きます。

※子連れ参加可能

ATAMI2030会議

(推奨)

※第3回講義終了後に、第3回ATAMI2030会議への参加を推奨。ATAMI2030会議の交流会と合流する形で、熱海の人たちとの交流会ができたらと思っています。

第4回

熱海ライフを見に行こう。暮らしの中で見つかる熱海の良さ、そして課題。

さまざまな理由を持って熱海に移住した人たちに話を聞く会。どうして移住を決意したか、移住してから変化したこと(ポジティブな面もネガティブな面も)や、どのようなアクションを起こしたかなど。場所は富西寺のお堂にて。Circulation Lifeプロジェクト共同主催メンバー(安藤、中屋、西貝)からもお話を伺います。その他ゲスト調整中。

※子連れ参加可能

第5回

1歩踏みだし、欲しい未来を手に入れよう

熱海から都心に戻り、改めて第一回で話したテーマに立ち返ります。自分が思う理想の働き方、暮らし方を考え、「自分がその欲しい暮らし」を手に入れるために、起こせるアクションと「実際に熱海に拠点を移したらやってみたいこと、必要なもの」を発表してもらいます。

※スカイプ参加可能

水野綾子

キュレーター

水野綾子

☞ プロフィールを見る


ゲスト

市来 広一郎

atamista代表理事 / machimori代表取締役

市来 広一郎

☞ プロフィールを見る

長谷川智志

熱海市役所産業振興室長

長谷川智志

☞ プロフィールを見る

佐別当隆志

シェアリングエコノミー協会事務局長

佐別当隆志

☞ プロフィールを見る

齋藤めぐみ

国家資格キャリアコンサルタント

齋藤めぐみ

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
都市型サーキュレーションライフ学
日程

第1回:10月 3日(火)19:30-21:00

第2回:10月14日(土)9:00-11:00

第3回:10月14日(土)12:30-14:30

ATAMI2030会議:10月14日(土)15:00-18:00

第4回:10月15日(日)10:00-12:00

第5回:10月24日(火)19:30-21:00

定員
15名 ※定員になり次第締切
申込締切日
9月26日(火)
授業料
28,000円(税込)
キャンパス

第1、5回 表参道 COMMUNE 2ndキャンパス、第2,3,4回 フィールドワーク熱海(詳細は講義で)

その他、注意事項
フィールドワークで熱海に行く際の交通費、宿泊費、飲食費は受講料に含まれておらず、自己負担となります。

現在申し込みを受付けておりません

次回開講日程を問い合わせる