ピープル

角田 陽一郎

角田 陽一郎

プロデューサー/文化資源学研究者

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社goomoを設立(取締役〜2013年)。

映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014,15年)その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。

いとうせいこうとユースケ・サンタマリアがMCを務めるオトナのためのインディペンデンス型トーク番組「オトナの!」を制作(2012年1月〜2016年6月)。「OTO-NANO FES! オトナの!フェス」を開催。

2016年12月31日付でTBS退社。

2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天〜イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。

2018年2月より、株式会社テクサ(現:株式会社ライバー社外取締役就任。

11月より、iiMovie(β版) スタート

2019年4月より、株式会社にしはらグループ(静岡県三島市)顧問就任。

4月、メディアシンクタンク「株式会社KITE(カイト)」設立。

4月、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻文化経営学修士課程へ入学。

8月、[知的好奇心向上委員会 ICUC]、CAMPFIREにてスタート。

著書『読書をプロデュース』『人生が変わるすごい地理』『出世のススメ』『本音で話すは武器になる』『運の技術』『13の未来地図』 『好きなことだけやって生きていくという提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/水道橋博士のメルマ旬報