講義情報

ローカルイベントをつくろう

新講義

ローカルイベントをつくろう

ローカルにある宝物を、みんなが喜ぶカタチに変えよう

未来を拓く学部-circle未来を拓く学部
ローカルイベントをつくろう

講義について

とっておきの”ローカルの宝物”で新しいうねりを生み出そう

その場所でしか採れないおいしい食材、そこでしか見られないとびきりの景色、ずっと受け継がれている伝統の技、新しくて面白い取り組みをしている街の人。

そんな日本各地にある「自分のとっておきのもの」や「これからも残していきたいもの」、「誰かに紹介したいもの」を、もっといろんな人に知ってほしい。それによって作っている人も受け取る人も喜んでくれるようなきっかけを作りたい。そんな風に思ったことはありませんか?

そんな時、誰かにお金を払ってPRをしてもらうだけが道じゃない。何だって本当は情熱がある人がやるのが一番面白かったり感動したりするもの。あなたがいろんな人に伝えたい、とっておきの”ローカルの宝物”。それをマーケッやフェスティバル、ツアーやワークショップなど、目的に合わせた手段を使って、どうやったら自分も楽しくみんなも喜ぶ「イベント」に変えていくか?地域の外の人と中の人が交流して新しいうねりが生まれるような「状況」に変えていくか?ということを、この講義で学んでいきます。

ローカルの宝物×フィールド×ウェディング

この講義の教授の柿原優紀さんは、既存のウエディング業界のパッケージやウエディングの専門会場にとらわれず、 好きな場所で好きな形でみんなで D.I.Yするウエディング”Happy Outdoor Wedding”を主催。新郎新婦がウェディングをしたいフィールドにある、空間・人・食材・伝統文化などの「ローカルの宝物」をウェディングという「イベント」につめこんで、新郎新婦、ゲスト、その地域にいる人、みんなが喜ぶパーティーをつくりあげてきました。

ローカルイベント2

地元野菜× 畑 × ウェディング

海の幸・流木 × 海岸 × ウエディング

海の幸・流木 × 海岸 × ウエディング

木材・郷土料理 × 廃校 ×ウエディング

木材・郷土料理 × 廃校 ×ウエディング

ウェディングパーティーの料理は地域にある食材を使ってふるまう

ウェディングパーティーの料理は地域にある食材を使ってふるまう

地域にいる人の「得意」を使ってパーティーの飾り付け

地域にいる人の「得意」を使ってパーティーの飾り付け

地域の外にお金が流れるパーティーではなく、地域に「あるもの」をとことん使って、地域の中にいる人も外から来た人も喜ぶパーティーをつくり出している

地域の外にお金が流れるパーティーではなく、地域に「あるもの」をとことん使って、地域の中にいる人も外から来た人も喜ぶパーティーをつくり出している

(写真提供:Happy Outdoor Wedding

ローカルの宝物×◯◯◯を実践するゲストたち

この講義の1人目のゲストの富田祐介さんは、淡路島をフィールドに、淡路島にあるものを使って「観光」「食」「研修」のイベント企画を企てています。淡路島の食材を使い、生産者さんを紹介しながら島のビーチで料理を楽しむ1日だけの「ビニールハウスレストラン」や、淡路島のイチゴ園で採れるイチゴを楽しんでもらうために、料理家・DJ・編集者・バーテンダーなどさまざまな分野のゲストに「イチゴとセッション」してもらうイベント「jam session」など、島にある宝物をとことん使って、行政ともタッグを組みながら、島の中の人も外の人も楽しめる企画をつくっています。

淡路島のビーチに1日だけ出現したビニールハウスレストラン

淡路島のビーチに1日だけ出現したビニールハウスレストラン

2人目のゲストの編田博子さんは、販路開拓ができないという十勝の農家さんの悩みと、十勝の食材を買いたいけれど、個別で仕入れるには送料が高く、かつネットワークもないという東京の飲食店さんの悩み。その両方を解決するため、地元・北海道十勝の食材を東京の商店街で共同購入してもらい、商店街じゅうの飲食店で十勝の食材を楽しめたり、商店街で十勝食材のマルシェを開催するフェスティバル「トカチプ」を開催しました。

東京の商店街に十勝食材のマルシェが出現

東京の商店街に十勝食材のマルシェが出現

商店街の飲食店ではトカチプ期間中十勝の食材を使ったメニューを楽しめる

商店街の飲食店ではトカチプ期間中十勝の食材を使ったメニューを楽しめる

(写真提供:umi tanaka)

「こんなイベントがあったらいいな」を自分でつくろう

ただ人が集まって盛り上がるだけではなく、「他の地域でこれが成功していたから」とコピーアンドペーストしたようなものでもないイベントを作るにはどうしたらいいんだろう?

教授やゲストに共通するのは、「その場所にあるもの」とじっくり向き合って価値を見出し、見出した「ローカルの宝物」を届けたい人にきちんと届くイベントを作っていること。小手先ではなく本質を追求した結果、「楽しそう!」と思わせるような賑わいのある状況ができたり、地域の外の人も中の人も交流して新しいうねりができるような状況をつくり出していること。

その状況をつくり出すために、今あるものにどう価値を見出していったか?仲間をどう集めていったか?地域の人をどう巻き込んでいったか?採算性のバランスはどう取っていったのか?情報をどう広めていったか?そんな現実的な壁をどうやって乗り越えていったのかということも学んでいきます。

でも「楽しそう!」と思わせる状況をつくるのに何よりも必要なのは、まずは自分が一番楽しむこと。お金がないから、やったことないから、そんな小さなことで諦めてしまうのはもったいない。まずはできる範囲で、できることから、ワクワクしながら自由に考えてみよう。

さて、あなたのとっておきの「ローカルの宝物」×「◯◯◯」に、どんな「こんなことやってみたい!」を入れたら、自分もみんなも喜ぶイベントが作れるだろう?◯◯◯に入る企画は無限大。教授やゲストからや学んで視点を広げながら、「こんなイベントがあったらいいな」「こんな状況をつくりたい」をカタチにしてみよう!

(第1期募集開始日:2017年5月18日)

こんな方が対象です

・ローカルにあるいろんな人に知って欲しいものを、作り手も受け取り手も喜ぶイベントに変えていきたい人

・ただ人が集まるだけではなく、本質を捉えたイベントをつくりたい人

・ローカルの中にいる人も外にいる人も交わるようなイベントをつくりたい人

・既存の考え方にとらわれず面白いイベントをつくりたい人

・すでに開催されているイベントに違和感を感じるけど、どう変えていったら面白くなるのか考えてみたい人

・今開催しているイベントをブラッシュアップしたい人

・イチから自分でイベントをつくってみたい人


講義計画

第1回

ローカルの宝物×ウェディング

公園や森や海岸、さまざまなフィールドでその地域に「あるもの」をとことん生かして、いくつものアウトドアウェディングを創ってきたHappy Outdoor Wedding。これまでの事例をもとに、ローカルの宝物をどのように活用して地域内外の人たちに喜ばれるパーティーに企画したのか、どうすればローカルにあるものに光を当てることができるのかを学びます。

第2回

ローカルの宝物×観光

淡路島にあるものを生かして「観光」「食」「研修」の企画提案を行っている富田さんから、どう地域の人を巻き込み、仲間を集め、そこにしかない資源を生かして人を惹きつけるような面白い企画をつくっていくか、行政と組みながらこれまでにない企画をどう事業化していったかを学びます。

第3回

ローカルの宝物×商店街

地元・北海道十勝町の食材を、東京の商店街で共同購入して商店街じゅうの飲食店で十勝の食材を楽しめたり、商店街で十勝食材のマルシェを開催するフェスティバル「トカチプ」を開催した編田さん。東京でできるローカルの宝物の生かし方や、どうやって必要としている人に届ける企画に変えていくのかを学びます。

第4回

ローカルの宝物×◯◯◯? 仲間と企画を練ろう

これまで学んだことを元に、自分が発信していきたいローカルの宝物を生かしてどんなイベントやコンテンツをつくっていくのか、教授・キュレーター・受講生同士でディスカッションしながら企画を練っていきます。同じ志を持った仲間とディスカッションしながら企画を練ることで、一人では思い浮かばなかったようなアイデアも飛び出てくるはず!

第5回

ローカルの宝物×◯◯◯!イベントプラン発表会

最終回では、自分のローカルの宝物をどんなイベントに変えていくかを発表します。自由に妄想しつつ、明日からでも仲間や必要な人にプレゼンをできるところまで具体的なプランを計画して、自分の言葉で発表してみます。コンセプトメイキングだけでなく、事業計画にまで落とし込みたい人もアドバイスします。数々のイベント手がけている教授の柿原さんからのアドバイスや、仲間からの意見をもとにさらにブラッシュアップしていきましょう。

増田早希子

キュレーター

増田早希子

☞ プロフィールを見る

富田祐介

シマトワークス 代表

富田祐介

☞ プロフィールを見る

編田博子

PRコンサルタント/放送作家/ときどき八百屋

編田博子

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
ローカルイベントをつくろう
日程

第1回:6月21日(水)19:30-21:00

第2回:6月25日(日)10:30-12:00

第3回:7月2日(日)10:30-12:00

第4回:7月2日(日)13:00-14:30

第5回:7月8日(土)13:00-14:30

定員
15名
申込締切日
6月14日(水)
授業料
36,000円
キャンパス

COMMUNE2ndメインキャンパス

次回開講日程を問い合わせる