ピープル

橋本 加名子

橋本 加名子

料理研究家

東京生まれ。「近茶流」教授の実母より近茶流懐石料理を学ぶ。 実践女子学園短期大学にて栄養学を学び、栄養士を取得。卒業後、渡米しノーザンヴァージニアコミュニティカレッジ卒業。ノーザンヴァージニアは移民による本格的なタイ料理のお店が多く、その味に魅了される。

20代より会社員と料理研究家の複業で、活動。バンコクで勤務しながら、タイ家庭料理、宮廷料理、伝統菓子を学ぶ。
1999年、個人ワークとして、赤坂にてタイ料理教室、レストランのタイ料理指導、テレビ料理番組の仕事を開始。
2002年、飲食店経営の会社に入社。六本木ヒルズ、霞が関、表参道ヒルズなど、タイ料理レストランの新店舗立ち上げを担当。
2008年、独立。

現在はスタジオ兼自宅で、タイ料理と和食料理教室『おいしいスプーン』を主宰。
企業のレシピ開発、本、雑誌、Web、テレビの撮影用調理、製作、企業の料理教室講師などクリエイティブワークは多岐にわたる。
ベジタリアンタイ料理は、チェンマイを活動拠点に国内外で活躍されているキリンビバレッジ『ソルティライチ』のCMでおなじみの「ターおばさん」ことジャムニアン・イアムジャルーン氏に師事。

著者
「スープレシピ」「にほんの食ごよみ」「大人の絶品!魔法だれ」「はじめてのアジアごはん」「小学校・中学校家庭科副読本」など多数

<メッセージ>

長年、自宅でタイ料理、和食料理教室を主宰しています。
数年前に大病を患ったと同時期にベジタリアンのタイ料理に出会い、夢中になりました。
健康を気づかう身としては、化学調味料から離れることができないタイの調味料をどうしても使いたくはありませんでした。

オリジナル調味料や日本の安心、安全な調味料を使っての「ベジタイ」料理を考案しています。

タイ料理が好きな人だけでなく、お肉を食べられない人、お肉が好きな人、誰でも食べられる、美味しくて、安全なタイ料理をもっと広めて行きたいです。