ピープル

萩原健太郎

萩原健太郎

1980年東京生まれ。2001年に渡米。Art Center College of Design映画学部を卒業後、2008年に帰国。

THE DIRECTORS GUILDに参加し、TV-CMの演出を中心に活動。2013年米サンダンス映画祭にて、

長編映画脚本「Spectacled Tiger」(共同脚本:藤本匡太)が優秀な脚本に与えらえるサンダンスNHK賞を受賞。

2017年NHK BSプレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」がオンエアし、ATP賞奨励賞を受賞。

同年、初長編映画「東京喰種トーキョーグール」が公開。2018年TDGを離れ、soloを設立。

関連リンク