ピープル

井本喜久

井本喜久

コミュニケーションクリエイター

プロフィール
世の中のオモシロイを形にする会社・コズ(株)の代表取締役。
1974 年、広島県竹原市で小さな米農家の息子として生まれる。東京農業大学に進学するも、在学中に渋谷のイベント会社でアルバイトに明け暮れる。卒業後、そのままその会社に入社。企業プロモーションの企画にのめり込む。26歳で独立。故郷の広島でアパレルショップを開店するも1年半で閉店。その後、広告事業に切り替えるも上向かず、2年で広島を撤退。東京に戻り広告業の下積みからやり直す。
2009年、岩井俊二氏らと映画製作をプロデュース。同じ年に日本イベント大賞を受賞。その頃から「広告」という枠を超えて社会への熱いメッセージを強く意識するようになる。現在は「次の世代のPEACEを創る」を自身のテーマに様々な企業のブランドづくりに携わる。
2012年には、仲間と一緒に「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」食のブランド、Brooklyn Ribbon Friesを立ち上げ、表参道・原宿・表参道でお店を展開中。
2016年には「学び」をテーマにした未経験の若者が主役の都市型マルシェ「The CAMPus(ザ・キャンパス)」を新宿駅屋上で半年間の期間限定で展開し延べ10万人を動員。
また、2017年には「The CAMPus」という屋号はそのままに、インターネット上にバーチャルな農学校を誕生させる。
その他、自由大学では「お店をはじめるラボ 」と「農家をはじめるラボ 」の教授としても活動中。