ピープル

蔦木伸一郎

蔦木伸一郎

キュレーター

山梨県の農山村に生まれ、同級生が10名未満の小中学校で義務教育期間を過ごす。卒業後、小中学校が閉校になり、校舎が取り壊され、地方の危機を感じる。アミタ株式会社に入社し、愛知、岐阜、三重の東海エリアで資源リサイクルの法人営業に従事しつつ、大ナゴヤ大学に生徒兼ボランティアスタッフとして参加。学びを通して街を知り、その街に暮らす人を好きになっていくという、人と人、人と街を学びでつないでいくことに魅力を感じ始める。その後、山梨県北杜市のNPO法人えがおつなげてにおいて、都市と農村をつなぐ、企業向けの農業体験プログラムを運営。2013年尾道自由大学の開校説明会から参加し、初授業「アドベンチャー神社学」に続き、「尾道自由大学をつくろう学」、「移り住むという暮らし方学」を受講。2016年に尾道に移住し、尾道自由大学のクリエイティブチームに。尾道では“楽しく学び、豊かに暮らす”を目指している。1985年山梨生まれ。名古屋メシ好き。