講義情報

WE WORK HERE

WE WORK HERE

働くために生きるのか、生きるために働くのか

自由に働く学部-circle自由に働く学部
WE WORK HERE

講義について

weworkhere2

こんな経験が思い当たりませんか?

大学3年生になると勉学よりも就活が頭によぎり、リクルートスーツを買って説明会、面接と時間と労力を割く。自分は一体どう生きたいんだろうと考えながらも、会社の規模や名声、周りからの評価を気にして本当にやりたいことなのかはちょっとごまかして前に進む。それでハッピーなら別にいいのですが、ちょっと働いてみて、やっぱりなにか違うぞ?でもやりたいことってなんだろう、どう生きたいんだっけ?と疑問がよぎったりもする。ほんとは会社員であろうと起業した人であろうとビジネスはクリエイティブであるはずなのに、クリエイティブのかけらもない日々(だと思ってしまっている)。さてどうしますか?さてこれからどうしたらいいのでしょうか?そもそも「働く」ってなんでしょうか?

weworkhere3

東京の青山と中目黒にあるシェアオフィス「みどり荘」には、一目見ただけではどんな仕事をしているのか分からない、 今までの仕事観や働き方観ではなかなか捉えられない人たちが世界中から集まります。彼らは一体どのように仕事をして生活しているのでしょうか?そして、彼らは働くことをどのように自身の中で位置づけて生きているのでしょうか?そこで私たちは、仕事のこと、お金のこと、生活のこと、生き方のこと、彼らのワークスタイルとライフスタイルを観察することで、これからの働くことに対するヒントが見えてくるのではないかと考え、彼らにインタビューを行い一冊の本にまとめる『We Work Hereプロジェクト』を始めました。

image01

この活動を通じて私たちは「これからの働く」ということへの示唆がたくさん見えてきました。そのようなヒントを皆さんと一緒に共有したいと思い、プロジェクトの一つとして、講義をすることにしました。

講義では、「働く」ということをそれぞれに再定義してもらい、それを踏まえた上での新しい行動の一歩を作りたいと思います。聞くだけでなく、受講の皆さんに実際に身近な人にインタビューをしダイジェストを作成してもらい、『We Work Hereプロジェクト』のページにアーカイブとして残していきます。講義とインタビューを通じて、今働いていることへの更なる原動力になったり、新しい働くを追求したりと何か皆さんの次の一歩へのきっかけになるといいなと考えています。

  第4回の開始までに、憧れよりは身近な人に対してインタビューを行いダイジェストにまとめていただきます!

こんな方が対象です

・働き方を考え直したい方

・いろんなスタイルの働き方を知りたい方

・スモールスタートしたい方

 


講義計画

第1回

Introduction

・WE WORK HEREプロジェクトについて

・文化人類学的な話から

第2回

新しい肩書き/サービス/場所/モノをつくる

We Work Hereの本の章立てのような流れで取材したゲストが来てセッションを行います。

あなたの好きなことは何ですか?

ゲスト近日公開

第3回

「好き」を仕事に

よくほめられることや興味のあることは何ですか?

会社員だけでない広い働くの幅

ゲスト近日公開

第4回

社会と自分との関係性から

あなたと社会との接点は何ですか?

ゲスト近日公開

第5回

WE WORK HERE

働くを再定義する

さて、あなたにとって「働く」とはどういうことですか?どういう行動を新たに起こしますか?

ゲスト近日公開

小柴美保

キュレーター

小柴美保

☞ プロフィールを見る

清田直博

キュレーター

清田直博

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
WE WORK HERE
日程

第1回:6月 7日(水)19:00-20:30

第2回:6月21日(水)19:00-20:30

第3回:6月28日(水)19:00-20:30

第4回:7月 5日(水)19:00-20:30

第5回:7月12日(水)19:00-20:30

定員
15名
申込締切日
5月31日(水)
授業料
28,000円
キャンパス

永田町みどり荘(永田町グリッド5階)

次回開講日程を問い合わせる