講義情報

未来の仕事 U-29

新講義

未来の仕事 U-29

興味関心からの起業、そして上場に向けて

自由に働く学部-circle自由に働く学部
未来の仕事 U-29

講義について

現代も続く『自由からの逃走』

『自由からの逃走』という本を読んだことがありますか。第一次大戦後にナチスが勃興した背景を社会心理学者であるエーリヒ・フロムが分析してまとめた古典です。この中でフロムは、「人は自由を求めてきたものの、ひとたび自由を手にすると必然的に不安が生み出され、そこから進むべき道は二択『服従』か『行動』しかない」と説きました。ナチスの勃興は人々が服従を選択した結果だというわけです。
『自由からの逃走』が書かれたのは1941年ですが、では現代を生きる我々は服従ではなく行動できているでしょうか。数多の先人の努力で勝ち得た自由を謳歌できているでしょうか。大事な局面で主体的に選択できているでしょうか。

社会主義・資本主義から興味関心主義へ

75年前と比べれば世界は確実に平和で豊かになり(まだまだ戦争は絶えませんが、今のところ世界大戦は起きていません)、そしてインターネットをはじめとした無数の技術革新により私たちを取り巻く環境は大きく変わりました。今も引き続き資本主義社会は続いており資本力のある人や会社が有利な場面が多いのも事実ですが、興味や関心そしてそれをベースにした発信やアクションが、人や情報そしてお金の流れを巻き起こすケースも格段に増えてきたように思います。資本主義社会の内部に、資本主義とも社会主義とも異なる「興味関心主義(Intersetism)」が台頭しつつある、というのは少し言い過ぎでしょうか?(そうは思いません)
 

遊べ!行動せよ!その過程で学び仕事に繋げるのがこれからの生き方

僕はエクスペリエンス(経験・体験)を商材とする会社を運営しているのでポジショントークになってしまいますが、フロムが提唱したように服従したくないのであれば行動しかありません。つまり行動して経験を積めということです。自ら選択して起こした行動であれば、結果はどうあれ、そのプロセス全てが経験となり、次なる行動の際の糧・判断材料となります。(そして幸運にも成果が出た時の喜びは何物にも代え難いものがあります。)単独でも、人を巻き込んでも、巻き込まれても、、、どんな形でも大丈夫、とにかく行動することが大事です。刺激や発見、そして興味関心の起動、さらに出会いも学びも仕事も全て、行動や経験の結果生まれるものであり副産物。行動するのが難しい?であれば自分の身辺にある「つまらないこと」を一つずつ減らしていくのも良いかもしれません。つまらない時間、つまらない友だち、つまらない場所、、、なかなか極端な言い方ですが、それらを「楽しい・面白い」何かに置き換えていくのです。

行動を形にするための第一の選択肢、それがビジネス

無数にある「楽しい・面白い」の中でも、この講義では特に「仕事」に焦点を当てて講義をすすめていきます。金儲けのためにありとあらゆることをするのがビジネスではなく、目指すべき世界を実現するためにお金の流れを作り活動をサステナブルなものにすべく利益を生み出すのがビジネスそして仕事です。同じ仕事をするのでも、会社の設立や運営実務、商品サービスの受発注やプロモーション方法は日進月歩で変わりつつあり、新しい情報やノウハウを知ると知らぬとでは雲泥の差が生まれるはず。そこで本講義ではポイントを押さえつつ、行動を起こそうとする、そして行動を起こす人をサポートをしようとする方々の背中を押していきます。年齢制限あり、課題図書あり、選考もありと少々ご面倒をおかけしますが、その分皆さんの良いところを引き出し今後の生活のお役に立てるよう、この2年ぶりの講義を通じて尽力したいと思います。

以前の講義と異なる点

・10-20代(と言い張れる人)に限定
・引き続き大きな選択肢ではあるものの、起業だけを目的とはしない
・興味関心の起動と、それをもとに人を惹きつけるトレーニングを行う

参加条件

・受け身ではなく前のめりに参加いただける方
・下記3冊の本を初回の講義までに読み終えてきてくださる方
Z
「自由からの逃走」
2Q==
「限界費用ゼロ社会」
9k=
「AI時代の人生戦略」
 
 (第1期募集開始日:2017年3月6日)

講義計画

第1回

総論:「自由からの逃走」からの逃走

・個人事業、株式会社、合同会社、、、多様化する法人形態
・UBER/Airbnbの衝撃、調達・プロモーション手段の多様化、VR/AR、AI、、、知っておくべきビジネスモデルや技術
・副業、子連れ出勤、リモートワーク、、、柔軟なワークスタイル

第2回

表立って言えない、上場まで、そして上場後の話

 ー「経済情報で、世界をかえる」ことを目指すユーザベース創業、そしてニューズピックス開発の経緯

第3回

Sow Experienceの事例

・投資という遊びを通じて興味を抱いた起業、そして抱いた興味は卒業直後に即実行
・イギリスで勃興していた経験を贈るという事業を日本に
・「バスに乗ってどこに向かうか」より「誰とバスに乗るか」
・そしてバスはどこへ向かうのか
ゲスト:山本一造(ソウ・エクスペリエンス共同創業者)

 

第4回

ゲストトーク:黒崎輝男

・雇用からアライアンスへ
・覚悟の決め方

第5回

最終発表

発表テーマ:私はこうして『自由からの逃走』から逃走します
皆さんがこれからどうするのか、何を変えるのか、柔軟かつ大胆に発想・発表してください。
西村琢

キュレーター

西村琢

☞ プロフィールを見る


ゲスト

梅田優祐

株式会社ユーザベース/株式会社ニューズピックス創業者兼代表取締役

梅田優祐

☞ プロフィールを見る

黒崎輝男

自由大学 創立者

黒崎輝男

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
未来の仕事 U-29
日程

第1回:3月25日(土)12:00-13:30

第2回:4月 1日(土)10:30-12:00

第3回:4月15日(土)10:30-12:00

第4回:4月22日(土)10:30-12:00

第5回:4月29日(土)10:30-12:00

定員
40名 ※定員になり次第締切
申込締切日
3月23日(木)
授業料
36,000円(税込)
キャンパス

永田町みどり荘

事前課題
上記の「参加条件」をご確認ください。

現在申し込みを受付けておりません

次回開講日程を問い合わせる