講義情報

自分軸をつくる占い【本科/オンライン】※満員御礼

自分軸をつくる占い【本科/オンライン】※満員御礼

占いのリテラシーを手に入れ、自分の可能性を広げていく

個性を磨く学部-circle個性を磨く学部
自分軸をつくる占い【本科/オンライン】※満員御礼

講義について

自分軸をつくる占い※こちらの本科は、入門編の受講生のみが参加できます。

占いの歴史は世界最古のメソポタミア文明に遡るほど昔からあり、どの時代、どの国の権力者にも傍に占いを司る賢者がいました。

科学が発展している現代でもなお、多くの人が占いに興味を持っています。特に先の見通しが立たない「混沌の時代」には、未来を知る拠り所として存在感を増します。

しかし、私たちはこの人類の叡智である「占い」を、本当に賢く活用できているでしょうか?

 

占いを本当の意味で活用できる自分になる

自分自身や将来のことなど、目には見えない世界を見せてくれる「占い」。

たとえば転職を考えるとき、占いで自分の適性や転職の時期を観ることができます。
好きな人の気持ちをなんとかして知りたい、というときにも占いが活躍します。

でももし…

やりたい仕事が向いていなかったら?
挑戦するには良い時期ではなかったら?
好きな人が運命の人ではなかったら?

占いは一見、自分の行動を制限してしまうようにも思えます。

「今は不運期だから大人しく過ごす」
「今年は幸運期だから、いろいろチャレンジする」
このように「占いが○○だから、○○する。」というとき、主語は占いです。つまり、占いに依存してしまっている状態。一見すると占いを使っているようですが、占いに使われてしまっている構図です。占いに依存してしまうと、「良い時期」でないと行動できなくなったり、「相性が良い相手」でないと近づけなくなったり、人生に制限がかかってしまうのです。

中には「占いは全く信じない」と豪語する人はいます。そんな強者でさえ、

「大殺界です」
「厄年です」
「婚約相手とは相性が最悪です」
「今の仕事に向いていない」
「赤ちゃんの名前の画数が大凶」

そう占いで鑑定されれば無視できず、少しは動揺してしまうでしょう。おみくじで「大凶」をひいただけで少し弱気になりますよね。これだけ日常的に占いが溢れていて、知らず知らずに行動に影響を与えているわけですから、「占いのリテラシー」がないと振り回されてしまいます。

本当は、幸運期だろうが、不運期だろうが、やるべき時は来ますし、大人しくしておくべき(様子をみる)時はあります。

「自分はどう生きるのか?」
「自分はどこに向かい、何を手に入れたいのか?」

主語が自分になると、占いは制限ではなくなります。自分の行動は自分軸で決めるのです。自分の行動があって初めて、占いが活きてくるのです。

あなたが自分を知り、自分軸をもったとき、占いは自分の可能性を広げ、もっと自由に生きるための心強いツールとなるのです。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」
取り巻く環境を客観的に判断し、自分の持って生まれた特性を知り自己理解を深める。そう今の状態を分析することができれば、自信を持って人生を選択していけることでしょう。

【講義の5つの特徴】

 

(1) 複数の占いの中から、適切な手法を選べるようになる

講義では実際に西洋占星術、手相、タロットカードと、それぞれ視点の違う占術を学んでいきます。占いたいことによって、どの手法を選ぶかということが重要です。たとえば、占星術は、生まれ持った特性。タロットは、現在の状況、気持ち。手相は、過去現在の行動の結果と少し先の未来が現れるため、このまま進んでいいのか迷ったときには有効な手段と言えます。こうした傾向を知ることで、今の自分に必要な占いを知ることができるのです。それぞれの成り立ち、占い方を知ることで、至る所で見かける「占い」がなぜそういう「結果」になって出てきたのかがわかるようになってきます。一つの手法に凝り固まることなく、複数の占いを学ぶことによって、自分なりの占いのやり方を深めていただきたいと考えています。

 

(2) 人生の岐路で、ベストの選択ができるようになる

占いで人気のテーマと言えば、やはり「仕事」と「恋愛」です。「今のパートナーと結婚してよいのだろうか。自分にはもっといい出会いがあるのでは?」「好きなことを見つけたいけれど、自分には何が向いているのだろう?」「独立したいけれど、いつのタイミングがいいだろう?」「企業経営における投資タイミングを知りたい。ビジネスパートナーとして誰を選ぶか」
このような様々な悩みに、ヒントが得られることでしょう。

 

(3) 自分で自分を占えるようになる

あなたは占い師に、自分の性格や過去の出来事を、ずばり言い当てられた経験がありませんか。実は、占いが当たるのは、テクニックによるものです。いわば、手品のようなもので、きちんとタネと仕掛けがあるのです。

本講義では、心理学的観点から占いが当たる仕組みも解き明かしていきます。「どうでもいい占い」と、「参考にした方がいい占い」の区別がつくようになれ ば、もう占いに振り回されてしまうことがなくなるのです。占いの仕組みを理解し、占い師に頼りきることなく、自分で自分を占えたらいいと思いませんか。

 

(4) 気になる相手のことも占えるようになる

受講メンバーのみなさんで、お互いを占い合いながら、ワイワイと和やかな雰囲気の講義です。複数で一緒に学ぶことで、人と自分との違いを自覚できますし、他人の占いをする練習にもなります。これで、あなたが気になるあの人を占うこともできるようになります。

 

(5)あなただけの「自己分析ブック」がつくれる

占いの世界のドアを叩いたら、まずは自分自身を占いましょう。自分にはどんな才能があり、どんな可能性を秘めた人間なのかを見ていきます。講義が終わるころには、自分だけの「占い自己分析ブック」が出来上がります。(詳しくは動画を参照) きっと、今まで知らなかった自分に出会い、新しい可能性を十分に発見できるでしょう。またこの「自己分析ブック」はこれからも自分の占い結果を蓄積させていくことで、どんどん育っていきます。卒業後の勉強会などでもみんなで見せ合って、情報交換して、よりよく進化させていきましょう。

 

國武亜紀教授より

「未知の自分に出会い、未来を描こう」
私は、自分のことを占い師というより、「翻訳者」だと思っています。占いという言語を訳するというイメージです。占い師が「あなたの運命はこうな る!」というとすれば、私は「カードはこう言ってるけど、どうする?」というお話をします。

「運命は、最もふさわしい場所へと貴方の魂を運ぶ」これは、シェイクスピアの言葉です。占いは未来の方向性を指し示してくれますが、運命を決めるものではありません。運命はどうにもならないものではなく、未来を決めるのはあなた自身です。占いを賢く活用して、自分を自分にふさわしい場所へと運ぶ旅に出かけませんか。

(第1期募集開始 2020年12月27日)

こんな方におすすめします

・自分の特性と未来を知り、人生設計を考えたい方

・占いに依存せずに、ツールの1つとして活用できる方

受講生の声

・占いは好きですが、命・相・卜について全く知識はなく、なんとなく気の赴くままに占いを読んでいたのですが、これからは知りたい事によって占いを分けて読めるな、と思っています。
また、自分で占いをしようとは全く思っていなかったのですが、先生の説明がとても理論的で分かりやすかった事(先生が占いはある理論によって答えを導き出せるもので、占い師の価値観によるけれども答えは同じである、という話と、実は占いも分析(自己分析や占いを集めて分析してみたりすると面白いというアドバイスに基づいてですが)がメインとなってくる)ので、最近気になっているオラクルカードを少し勉強してみようかなと思っています。
とても分かりやすく、明確で、とても楽しい時間でした。ありがとうございました。
アイディアを出すのもチャットを使っていたので時間もかからず私たちもアイディアを出しやすかったです。
情報量も私にはちょうど良く、休憩兼自己分析の時間も作ってくださったのでとてもよかったです。


講義計画

第1回

命:西洋占星術①

この講義で学ぶ占術は西洋のものであり、その西洋の占いの基本となるものが西洋占星術です。この後学ぶ手相、タロットカードはすべて西洋占星術の考え方、体系、要素で読み解くことができます。

まずは、西洋占星術がどういう歴史の中で成り立ってきたのかを知ることで、その占いの導き出すものにどういう意味や意義があるのかより理解できるようになります。そして、何より基本となる自分の生れた時の惑星の配置図であるホロスコープ(この場合は出生図)を読み解いていくことで、自分のもともと持っているとされる資質や才能を発見していきます。

 

【レクチャー】

・西洋占星術の歴史と成り立ち

・西洋占星術での占いの要素(西洋占星術でわかること。わからないこと)
いわゆる星座占いとどう違う?西洋占星術とはどう付き合えばいい?

・ホロスコープの種類と基本的な見方

【ワーク】

・西洋占星術におけるパーソナリティの捉え方
 1.構成要素のワーク
 2.各惑星の特徴を捉えるワーク

第2回

命:西洋占星術②

ホロスコープの出生図と経過図を使って、運勢をどう捉えていくのかをレクチャーします。自分が生れた時の出生図はまさに自分の才能や資質のありかを示す地図です。その上に今の(もしくは知りたい時の)ホロスコープ(この場合は経過図)を重ねてみることで、今、自分のどの才能を開発すべきときなのかが、わかるようになっていきます。西洋占星術の情報がうまく落とし込めると、次の「手相」「タロットカード」はかなり親しみやすくなります。

【ワーク】

・西洋占星術における運勢の捉え方
1.当日の運勢を読んでみる
2.幸運期、不運期とは?
3.2021年の自分のテーマを出す

第3回

相:手相

手相もまた、西洋占星術と同じく歴史のある占術です。手相の魅力はなんといっても、西洋占星術のように専門的なソフトや計算などが必要がなく、ただ、目の前にてのひらを広げればいいだけという手軽さです。「生年月日教えて」というと警戒されたり、嫌がられることもありますが、「手相観れるよ」というと、誰もが遠慮なく両手を広げてくれます。また、手相は日々変化していくのもとても興味深いものです。講義ではあらかじめ手相の写真を撮って来ていただきます。記録をするためもありますが、いろんな視点から観るためでもあります。講義後も定期的に記録をしていくことで、その変化を目の当たりにするでしょう。

 

【レクチャー】

・手相占いの歴史と成り立ち

・手相での占いの要素(手相でわかること。わからないこと)

手相ってそもそもどういうもの?手相はどんなとき観る?

【ワーク】

・手相の記録

自分の手相をノートに記録しよう!

第4回

卜:タロットカード

タロットカードは実は、西洋占星術、手相に比べると比較的新しい占いと言えます。「カード」という特殊な道具を使いますが(そして、枚数の多さにちょっと腰が引けますが)カードに書かれた「絵」を読み解くことが「占い」になります。もともと絵を見たり、漫画や映画などが好きな方には最も親しみやすい占いかもしれません。怖いイメージのあるタロットカードですが、中にはとてもかわいいカードやコミカルなもの、アーティスティックなものなど実に様々な種類があります。お気に入りのカードが見つかれば、習得の速度も増すでしょう。

タロットカードは持っていなくても大丈夫ですが、買いたい方には講義初日にご案内します(種類がたくさんあるので、焦って買わない方がよいです)。講義の際には、リアル講義では紹介できなかったたくさんの教授のタロットコレクションもご紹介します。


【レクチャー】

・タロットカードの歴史と成り立ち

・タロットカードでの占いの要素(タロットカードでわかること。わからないこと)

タロットカードって何?怖い?タロットカードはどんなとき使う?

【ワーク】

・タロットカードを使っての実践占い

第5回

占い総論

最終回はたくさん実践していきます。実際に受講生同士でホロスコープ、手相、タロットカードを使って占い合うことで、より理解を深めていきます。また、西洋占星術で言われる「幸運期」をただ待つのではなく、使っていくための未来計画をつくっていきます。

とは言え、「計画」というよりも「ヴィジョンを描く」イメージです。


講義を立ち上げて10年、この計画表に書き入れたことが実際に叶ったという報告をたくさんいただいています。この計画表は毎日眺めて思い出して日々のタスクに落とし込んで…なんてしなくて大丈夫です。むしろ、忘れるために書くのです。そして、叶ったときに後で見て驚くために書くのです。

最後に自己分析ブックに今までの占い結果をまとめて整理していきます。


【ワーク】

・自分軸をつくる
今までの占いの結果を踏まえて自分の才能や性質を整理する。

・未来計画
占いから導き出された最適な時期を踏まえた未来の計画を立ててみる。


スケジュール

講義名
自分軸をつくる占い【本科/オンライン】※満員御礼
日程

第1回:2月21日(日)10:30-12:00

第2回:2月28日(日)10:30-12:00

第3回:3月7日(日)10:30-12:00

第4回:3月14日(日)10:30-12:00

第5回:3月21日(日)10:30-12:00

定員
10名 ※定員になり次第締切 ※満席
申込締切日
2021年2月14日(日)
授業料
28,000円(税別)
キャンパス

ビデオ会議ツール「Zoom」によるオンライン講義です。

【講座方法について】

「Zoom」アプリケーションを使用します。

・事前にZoomのダウンロードと登録をお願いします。(https://zoom.us/download

・参加にあたりカメラの【オン】を必須でお願いしております。

・zoom参加方法は、お申し込み者さまに改めて講義前日20日(土)までにメールにて詳細をご連絡いたします。

【受講条件ならびにネットワーク上のワークショップに備えて】

  • パソコン参加のみの受け付けです。スマホでの受講はご遠慮ください。
  • Zoomのビデオ、音声をONにしていただきます。

 

準備すること
講義の際、ノート(入門編で使用したものがあればそのノートで)をご用意ください。
事前提出
開講決定後、メールにて教授があらかじめ全員のホロスコープを出して用意してきます。生年月日(生まれた時間)と生まれた場所(都道府県)のデータが必要になりますのでご準備ください(初日講義前にメールでやりとりをします)
講義時間について
当日の進行次第で多少延長する場合がございます。スケジュールに余裕を持ってのご参加をお勧めします。
お申し込みいただいた方へ
初回メールを送信しました。未着の方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望