講義情報

生き方デザイン学【オンライン】

生き方デザイン学【オンライン】

ライフイベントと「働く」のこれからのカタチ

未来を拓く学部-circle未来を拓く学部
生き方デザイン学【オンライン】

講義について

取り巻く社会がどんどん変わっている。私はどうする?

これまで知っている「生き方」が、今後自分の生き方にフィットするのだろうか?
そのような問いを自分へ投げかけることから、生き方デザイン学はスタートします。

たとえば、子育てなどのライフイベントと「働く」。どちらも自分らしく選択できるような生き方が応援がされる社会になってきました。それは女性・男性という性別に限りません。女性が働く場で前進できるような法律ができたことや、男性の育児休業取得を押し上げる動きも出てきました。「そうしたい」と求めている生き方と呼応するように、社会は刻々と変わっていきます。

一方、近年の外的な要因によって、暮らしと「働く」が変動した人もいるでしょう。内的な動機で生き方を決めていくだけではなく、外的な要因で変化せざるをえないこともあります。でもそこで気がついたことは、生活していく、暮らしていく、という日々の大切さでもあったでしょう。

暮らしに関することと働くこと、どちらも大切な場所であると再認識できたこと。その認識があるからこそ、より一層それらを大切にできるような生き方を創りたいと願う人は増えると思います。

社会が目まぐるしく変わっていく以上、親世代と同じような生き方が「安定」ではなくなっていく可能性もあります。そのような状況でどのように生き方をデザインしていけばよいのでしょうか。

 

生き方の選択肢をどう増やせるか

選択肢を増やす。
私たちはさまざまな場面で、選択を繰り返してきたと思います。

―どんな学校に行くか。
―どの会社で働くか。
―何を自分のなりわいとするか。

そこには自分が決めるに値してきた要素が確実にあるかと思いますが、その意思決定はどのようになされてきたのでしょうか。

また出産・子育て・介護などのライフイベントによって生み出される暮らしの変化が絡まると、物事を前進させていくときに自分だけの意思決定で進めなくなることも多いです。
生き方が異なる人同士の他者と、どのように意思決定を共有していけばよいでしょうか。

生き方に正解はなく、答えもありません。無数に伸びている眼前の道の中で、自分は何を選択していくのでしょう。生き方デザイン学は、誰しもがオリジナリティある「生き方」において何をもってその生き方を選択してきたか、ゲストのそれぞれの生き方に触れ、自分をふりかえっていく学びです。

 

自分を振り返ること・疑問を持つこと・行動すること・確かめること

自分が大事にしてきた「物事を決める軸」は何なのか。
これまでの意思決定を他者にどのように伝え、受け入れていくのか。

ゲストの話を聞くだけでなく、それも踏まえながら、参加した皆さんにいくつかの問いを投げかけていきます。

その問いについて、自分の過去を振り返って言語化することにも重きをおいています。
言語化できた言葉を他者に伝えること、そのアウトプットを通して自分の生き方をデザインする軸を見える化したいですし、参加者同士が「違う価値観、違う意思決定を持っている人だ」という受容と認識をしながら、対話を重ねていく時間をつくりたいと考えています。

・自分のこれまでや今を内省すること、
・「なぜ私はこう考えているのか?」と本質的な問いを自分に向けられること、
・行動し、自分のその時のアンサーに繋がっているのか確かめること。

このような循環を通して自分の生き方をデザインできるようになることを目指しています。

生き方デザイン学

 

(第17期募集開始日:2020年12月28日)

こんな方におすすめします

・結婚、妊娠、出産、子育てというライフイベントと「働く」を並走したい人

 

・ライフイベントと「働く」が重なる時にどんな決定をしていけば良いのか不安な人

 

・ライフイベントと「働く」について話す場が欲しい人

 

男性・女性どちらもウェルカムです!

卒業者の声

・「自分のこれからは自分でつくるもの」「なければ創ればよい」「もっと自分を信じてよい」そんな風にそもそも何も(結婚・出産)やっていない自分の今後を憂うよりも、自分らしく それらを飛び越えて人生を楽しむ策や方法を考えていった方がたぶん私らしいだろうな、ということに気が付くことが出来ました。

 

・自分も肩ひじ張り過ぎずに自然体で生きていこうと思い、仕事もプライベートも「軸は持ちつつもフレキシブル」に動けるようになってきていると思います。また、「幸せに1つの答えはない」ということを実感し、自分らしさとは何かをよく考えるようになりました。

教授からのメッセージ

【TRANSITION対談】009|生き方デザイン学・海野千尋さん×深井次郎


講義計画

第1回

生き方のデザインについて考える

この講義のゴールは、自分の意思決定の要素を見つけ、他者と対話し、自らが描く生き方をデザインすることです。第1回目は、この講義が生まれた起点・形を変えてきた背景を、社会の変化と共に考えます。生き方をデザインしていくために必要なことはなんだろう?実現するために、今の自分が何をすべきなんだろう?そんな皆さんが抱えている思いをアウトプットする場もあります。5回の講義のポイントや講義中にみなさんに考えて欲しいことをお話しし、生き方のデザインに通じる行程をお伝えします。

第2回

子育てというライフイベントを起点としてデザインする生き方

子育てを選択したその道には、これまで自分が体験・経験したことがなかった大きな学びと挑戦が広がっていた。ライフイベントから始まった視点とそこから学び得た「働く」への繋ぎ方。「暮らす」と「働く」が絶妙にミックスされている人たちの生き方は、どこで意思決定をしたのか?を学びます。

第3回

場所を変えるデザインの生き方

自分の意思を尊重するために、生きる場所を意識的に変えていく。その時に必要な学びと場所とを選びながら生きていく。そのためにどんな要素を見出して場所を決定をしてきたか、実際にどんな場所のシフトを行ってきたか、場所を変えることから見えてくる生き方の変容に触れ、そこから何を学び取ったのかを探ります。

第4回

組織の中でデザインしてきた生き方

組織で働く中で子育てなどのライフイベントが重なってくる時にどのように働いたらいいか、みな考える道だと思います。その中でも”前例のない働き方”にチャレンジした経験がある。そのような人は自分が「在りたい」と思った働き方と子育てとの在り方を自分自身で模索しながら、自分の周りに関係する人たち(パートナー・会社の同僚/上司/部下・その他の人たち)に依頼や協力や打診を繰り返しながら前に進めてきたはずです。組織の中でも自分の意思を決定しながら前に進めることができる、それを体現する生き方について学びます。

第5回

未来視点からデザインする生き方

在りたい未来が自分の頭の中にある。そのために今自分ができることは何か? これから生きていく場所にはどのような未来になっているかを見据えながら、そのために今、自分が決定して前に進むことを決めた人たちは、どの時点でどのような生き方のデザインをしてきたのか、そしてそこから何を生み出してきたかを学びます。

中島裕子

キュレーター

中島裕子

☞ プロフィールを見る


ゲスト

三尾 幸司

社会デザイン・ビジネスラボ事務局長

三尾 幸司

☞ プロフィールを見る

白坂 ゆき

株式会社CaSy取締役

白坂 ゆき

☞ プロフィールを見る

加藤 健

文部科学省 大臣官房 広報戦略アドバイザー / 一般社団法人 日本GR協会 事務局長

加藤 健

☞ プロフィールを見る

野田千絵

コソダテの学校3919 校長

野田千絵

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
生き方デザイン学【オンライン】
日程

第1回:2月13日(土)10:30-12:00

第2回:2月20日(土)10:30-12:00

第3回:2月27日(土)10:30-12:00

第4回:3月6日(土)10:30-12:00

第5回:3月13日(土)10:30-12:00

定員
9名 ※定員になり次第締切 ※開講決定しました!
申込締切日
2月12日(金)
授業料
28,000円(税別)
キャンパス

ビデオ会議ツール「Zoom」によるオンライン講義です。

【講座方法について】

「Zoom」アプリケーションを使用します。

・事前にZoomのダウンロードと登録をお願いします。(https://zoom.us/download

・参加にあたりカメラの【オン】を必須でお願いしております。

・zoom参加方法は、お申し込み者さまに改めて講義前日にメールにて詳細をご連絡いたします。

【受講条件ならびにネットワーク上のワークショップに備えて】

  • パソコン参加のみの受け付けです。スマホでの受講はご遠慮ください。
  • Zoomのビデオ、音声をONにしていただきます。
講義時間について
当日の進行次第で多少延長する場合がございます。スケジュールに余裕を持ってのご参加をお勧めします。
補講について
次の期の同じ回を受講することが可能。補講振替は1回のみ。
お申し込み完了した方へ
初回メールを送信しました。未着の方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。。

現在申し込みを受付けておりません

次回開催のお知らせ希望