講義情報

朝ごはん学

朝ごはん学

栄養もセンスも良いワンプレートの朝ごはんで、1日のスタートを気持ちよく切ろう

丁寧に暮らす学部-circle丁寧に暮らす学部
朝ごはん学
現在申し込みを受付けておりません

講義について

朝ごはんを軸に、日々の暮らしを整える
生活にリズムがある人は、暮らしの基本が整っています。基本が整っていれば、立ち返る軸が生まれます。「朝ごはん学」では、あなたの個性に応じた軸を探しながら、1日のスタートを気持ちよく切るために自分の基本形をつくっていきます。 “You are what you eat. ”という言葉があるように、あなたが食べているものがあなた自身です。無理なく、あなたのライフスタイルに合ったメニューを考えられるようになれば、気分も体調も改善するでしょう。しかし、それだけに留まらず、朝ごはんの時間をどのように過ごしたいのかをトータルに考えます。栄養バランスが取れた朝ごはんを、お気に入りの器や花と一緒にコーディネートを考える事は、あなたの軸をつくる第一歩になります。

朝ごはん学
自分の朝ごはんを客観視してみる
この講義では、1回目の講義前に普段の朝ごはん写真を送ってもらうところからスタートします。一汁三菜の和食メニューの人もいれば、コーヒーとパンという組み合わせや、スムージーだけという人。そもそも朝ごはんを食べる時間がない、という人など様々です。ダイエットや身体に良いという理由で取り入れている食材は、それ一つだけで問題が解決できるものではありません。朝ごはんの写真を継続的に撮影しつづける事によって、知らず知らずのうちに陥っていた問題を発見することに繋がります。例えば、冷え性の人が温かい汁物を毎朝摂るようにしたら便秘や冷え性が改善されたという報告もありました。誰でも簡単に健康的なメニューを考えられるようなワークショップを行いながら、あなたの朝ごはんの基本形をつくります。

合い言葉は“心にも身体にも栄養を”
「朝ごはん学」の教授であるフルタさんは、北欧食器や作家ものの器を使いこなすのが上手な方。料理を楽しく効率よくこなすための調理道具、料理を楽しむ空間との関係を考えるなど総合的に暮らしのことを表現されています。ご自身が心を動かされたものを一番良い方法で紹介する、ことを大切にされていますので、モノ選びの基準をどのようにつくっていくのか参考になるでしょう。生活の質を上げたいのであれば、誰がつくったのか、手がかりのあるものを身の回りに置くことを意識すれば、日常の景色が変わって来ます。卒業後は、受講前の朝ごはんが見違えるほど変化しますよ。

【関連記事】

 

student01

(第12期募集開始日:2016年9月12日)

 

こんな方が対象です

・丁寧な暮らしを実現したい人

・朝ごはんを食べるようになりたい人

・朝ごはんの質を上げたい人

・2度寝の誘惑から逃れたい人

・時間管理が上手くなりたい人

・よりよい人生を送りたい人

・朝ごはん男子を目指している人

卒業者の声

・コンビにで朝ごはんを買い、出勤してからデスクで食べることが多かったのですが、家で食べるようになりました。朝おかずを増やすために夕食の自炊も見直し、前よりよくやっていると思います。 パン屋や食器に詳しい人がたくさんいて、自分の周りにはいなかったので良い刺激になりました。

 

・なんでも「下準備」が必要だと気づかされたこと。 野菜を予め洗ってジップロックに入れておいたり、 油揚げを刻んで冷凍したりと、朝、極力洗い物をしなくてすむように 下準備をしておくことは、仕事だけでなく、 日常の中でも大切なことだと気づかされました

 

・講義を一緒に受けた同期の存在がとても大きかったです。講義の中でも楽しいことはたくさんありましたが、同期の毎日FBにアップされる朝ごはんに、とても刺激を受け、励みになり、楽しみながら意識改革の後押しをしてもらえました。同期という目線が近い立場の方たちの変化は、とても励みになりました。 FBを通じて仲間と刺激し合える環境がよかったです。


講義計画

第1回

朝ごはんって楽しい!

新しい朝ごはんファイルを始める前に、今の自分の朝ごはんを振り返ってみよう。バリエーションを持たせたい、前日の夕飯の残りにアレンジを加えたい、そもそも朝ごはんを食べる時間がない!それぞれの問題点を掘り下げて、誰でも簡単に献立を立てられる考え方をシェアします。

第2回

調理実習1

1回目の講義で、受講生のお悩みを聞いてからフルタさんが毎回メニューを考えます。忙しい平日の朝は手際が命。効率よく調理できる方法を学びます。常備菜を活用して、ワンプレートの朝ごはんを作ります。いつもの器で、より写真映えする盛り付けも学びます。

第3回

食材、道具、うつわの選び方

フルタさんは、ずっと付き合いたい調理器具やお皿などどのように見つけているのでしょうか?また、食材を余らせずに使い切るには、どのような工夫をしているのでしょうか?この回では、みなさんの朝ごはんの質をアップさせるヒントを学びます。

第4回

理想の朝ごはんを考える

講義がスタートして4週間。メニューの組み立て方や、手早い調理方法、お気に入りの器と美しい盛り付け方など、見違えるほど変化を感じられる頃です。最終講義は、調理実習であなたの理想の朝ごはんを調理します。フルタさんにアドバイスをもらいながら、イメージを膨らませ企画していきましょう。

第5回

調理実習2 わたしの朝ごはん

前回考えたメニューやコーディネートを実習し卒業制作をします。それぞれがテーマを持って、今まで学んだ成果を存分に発揮しましょう。栄養バランスが取れ、見た目もパワーアップした朝ごはんで新たなスタートを切れるはずです。

フルタヨウコ

教授

フルタヨウコ

☞ プロフィールを見る

岡島悦代

キュレーター

岡島悦代

☞ プロフィールを見る


スケジュール

講義名
朝ごはん学
日程

第1回:10月18日(火)19:30-21:00

第2回:10月25日(火)19:30-21:00

第3回:11月1日(火)19:30-21:00

第4回:11月8日(火)19:30-21:00

第5回:11月15日(火)19:30-21:00

定員
12名 ※定員になり次第締切
申込締切日
10月16日(日)まで追加募集
授業料
28,000円
キャンパス

第1,3,4,5回 表参道 COMMUNE 246キャンパス、第2回 原宿IKI-BA

持ち物、その他注意事項
調理実習の回は材料費500円を事前徴収いたします。

現在申し込みを受付けておりません

次回開講日程を問い合わせる